actions

太田勝

太田 勝(おおた まさる、1938年8月1日 - 没年不明[1])は、愛知県[1]出身のプロ野球選手

経歴

豊川高校では2年生の時、1955年秋季中部地区大会に進むが、準決勝で小池兼司のいた浜松商に延長15回サヨナラ負け。翌1956年夏も県予選準々決勝で時習館高に敗れ、甲子園出場はならなかった。

卒業後は中央大学へ進学し、1年生からレギュラーとなる。東都大学リーグでは1958年春季リーグで小栗秀夫、若生照元両投手を擁し5年ぶりに優勝を飾った。同年秋季リーグでベストナイン(一塁手)に選出される。しかしチームは部員の不祥事により1959年春季リーグ出場停止、同年秋季リーグから二部に降格された。大学の2年上に桑田武森田斌、1年上に小栗、若生の他、西山弘二(広島)、本田威志がいた。

1961年大洋ホエールズへ入団[1]。即戦力として期待されたが、出番はあまりなかった。

1962年中日ドラゴンズへ移籍。1963年引退。

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
1961 大洋 4 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:1年 4 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000

背番号

  • 6 (1961年)
  • 54 (1962年 - 1963年)

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、105ページ

関連項目