actions

グレゴール・ブランコ

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はブランコ第二姓(母方の)はペドラザです。

グレゴール・ミゲル・ブランコ・ペドラザGregor Miguel Blanco Pedraza, 1983年12月24日 - )は、 ベネズエラカラカス出身のプロ野球選手外野手)。左投左打。MLBサンフランシスコ・ジャイアンツ傘下所属。愛称はホワイト・シャーク[1]

経歴

プロ入りとブレーブス時代

2000年アトランタ・ブレーブスと契約した[2]

2008年3月30日ワシントン・ナショナルズ戦でメジャーデビューを果たした。1年目から144試合に出場したが、レギュラー定着までは行かず、翌年以降は出場機会は減少した[2]

2009年開幕前の3月に開催された第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ベネズエラ代表に選出された[3]

ロイヤルズ時代

2010年7月31日カイル・ファーンズワースリック・アンキールとのトレードで、ジェシー・チャベスティム・コリンズと共にカンザスシティ・ロイヤルズへ移籍した[4]

ナショナルズ傘下時代

2011年5月に後日発表選手とのトレードで、ナショナルズへ移籍した[5]。この年は傘下のAAA級シラキュース・チーフスに留まり、メジャー昇格はなかった[6]

ジャイアンツ時代

2011年11月にはサンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約を結んだ。オフに参加したベネズエラのウィンターリーグであるリーガ・ベネソラーナ・デ・ベイスボル・プロフェシオナルではMVPを獲得する活躍を見せた[7]

2012年は開幕ロースターに入り、2年ぶりにメジャーの舞台でプレーした。6月13日ヒューストン・アストロズ戦では、7回表にジョーダン・シェーファーが放った長打性の打球をダイビングして好捕し、マット・ケイン完全試合をアシストした[8]。後半戦は、メルキー・カブレラがドーピング検査でテストステロンに陽性反応を示し50試合の出場停止処分となったため、定位置を獲得して最終的に141試合に出場した[6]

2014年1月17日にジャイアンツと1年契約に合意した[9]

2015年1月18日に球団との年俸調停を回避し、2年契約総額750万ドルで契約を結んだ[10]

2016年シーズン終了後の11月3日FAとなった[6]

ダイヤモンドバックス時代

2017年1月18日アリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[6]。開幕はAAA級リノ・エーシズで迎えたが、5月5日にメジャー契約を結び、アクティブ・ロースター入りした[11]。この年は90試合に出場して打率.246・3本塁打・13打点・15盗塁の成績を残した。オフの11月2日FAとなった[12]

ジャイアンツ復帰

2018年2月6日にジャイアンツとマイナー契約を結び、同年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[6]3月28日にメジャー契約を結んで開幕25人枠入りした[13]6月2日DFAとなり[14]、5日にマイナー契約で傘下のAAA級サクラメント・リバーキャッツへ配属された[6]

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
2008 ATL 144 519 430 52 108 14 4 1 133 38 13 5 6 3 74 2 6 99 3 .251 .366 .309 .676
2009 24 48 43 5 8 0 1 0 10 1 2 0 1 0 4 0 0 9 1 .186 .255 .233 .488
2010 36 66 58 9 18 1 1 0 21 3 1 2 0 0 8 1 0 15 2 .310 .394 .362 .756
KC 49 203 179 22 49 8 3 1 66 11 10 2 2 1 21 0 0 35 3 .274 .348 .369 .717
'10計 85 269 237 31 67 9 4 1 87 14 11 4 2 1 29 1 0 50 5 .283 .360 .367 .727
2012 SF 141 453 393 56 96 14 5 5 135 34 26 6 5 2 51 2 2 104 0 .244 .333 .344 .676
2013 141 511 452 50 120 17 6 3 158 41 14 9 3 3 52 4 1 95 10 .265 .341 .350 .690
2014 146 444 393 51 102 18 6 5 147 38 16 5 6 1 41 1 3 77 4 .260 .333 .374 .707
2015 115 372 327 59 95 19 3 5 135 26 13 5 0 3 40 7 2 59 3 .291 .368 .413 .781
2016 106 274 241 28 54 10 4 1 75 18 6 3 1 1 29 4 1 51 5 .224 .309 .311 .620
2017 ARI 90 256 224 43 55 10 3 3 80 13 15 1 1 0 31 0 0 59 2 .246 .337 .357 .694
MLB:9年 992 3146 2740 375 705 111 36 24 960 223 116 38 25 14 351 21 15 603 33 .257 .343 .350 .694
  • 2017年度シーズン終了時

背番号

  • 18(2008年)
  • 1(2009年 - 2010年途中、2018年)
  • 7(2010年途中 - 同年終了、2012年 - 2016年)
  • 5(2017年)

代表歴

脚注

  1. Danny Knobler (2017年8月24日). “D-backs Players Weekend nicknames explained” (英語). MLB.com. . 2018年2月7日閲覧.
  2. 2.0 2.1 Gregor Blanco Stats” (英語). Baseball-Reference.com. . 2018閲覧.
  3. 2009 Tournament Roster” (英語). World Baseball Classic. 2015年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2017年5月15日閲覧.
  4. “Royals trade Ankiel, Farnsworth” (英語). Associated Press. ESPN. (2010年8月2日). http://www.espn.com/mlb/news/story?id=5426623 . 2018年2月7日閲覧. 
  5. Nationals Trade For Speedy Minor Leaguer Gregor Blanco
  6. 6.0 6.1 6.2 6.3 6.4 6.5 MLB公式プロフィール参照。2018年6月8日閲覧。
  7. Gregor Blanco named MVP of Venezuelan league
  8. Jay Lee (2017年5月5日). “Blanco positions himself to save perfect game” (英語). MLB.com. . 2018年2月7日閲覧.
  9. Chris Haft (2014年1月17日). “Giants avoid arbitration with Blanco, Petit, Abreu” (英語). MLB.com. . 2018年2月7日閲覧.
  10. Report: Giants, Gregor Blanco agree on 2-year, $7.5M dealpublisher=FOX Sports” (英語) (2015年1月18日). . 2018年2月7日閲覧.
  11. Steve Gilbert (2017年5月5日). “D-backs call up veteran outfielder Blanco” (英語). MLB.com. . 2018年2月7日閲覧.
  12. David Adler (2017年11月5日). “Key free agents for all 30 MLB teams” (英語). MLB.com. . 2017年12月28日閲覧.
  13. Giants' Gregor Blanco: Secures Opening Day roster spot” (英語). CBS Sports (2018年3月29日). . 2018年5月15日閲覧.
  14. Michael Wagaman (2018年6月2日). “Pence's return costs Blanco roster spot” (英語). MLB.com. . 2018年6月3日閲覧.

関連項目

外部リンク

{{safesubst:#invoke:Anchor|main}}

テンプレート:2009 ワールド・ベースボール・クラシックベネズエラ代表