actions

ジェフ・マシス

ジェフリー・スティーブン・マシスJeffrey Stephen "Jeff" Mathis , 1983年3月31日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州ジャクソン郡マリアナEnglish版出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。MLBアリゾナ・ダイヤモンドバックス所属。

経歴

プロ入りとエンゼルス時代

2001年6月5日に行われたMLBドラフト1巡目追補(全体33位)でアナハイム・エンゼルス(当時)から指名され、プロ入り。同年、早速マイナーリーグで試合に出場。パイオニアリーグのルーキー級プロボ・エンゼルスEnglish版で29試合に出場し、打率.300をマークした。2002年は、A級シーダーラピッズ・カーネルズEnglish版で128試合に出場。打率.287・10本塁打・73打点という成績を残した。続く2003年は、A+級ランチョクカモンガ・クエークスとAA級アーカンソー・トラベラーズの2球団合計で121試合に出場して打率.315・13本塁打はいずれも2002年の数字を上回り、打点も68打点を記録した。2004年は年間通じてAA級アーカンソーに所属。前年よりも少ない117試合の出場で自己ベストの14本塁打を放ったが、打率は入団以来最低の.227に終わった。また、三振も自身初100三振以上を喫した。

2005年8月12日シアトル・マリナーズ戦で、代打としてメジャーデビューを果たした。また、この年はマイナーリーグでも111試合に出場して自身初の20本塁打を記録するなど、パワーヒッターとしての一面も見せるようになっており、マイク・ソーシア監督からも期待を寄せられていた[1]2006年は、23試合の出場で打率.145に終わったが、いずれもメジャーリーグ初の本塁打と打点(2本塁打・6打点)を記録し、経験を積んだ。同年はAAA級ソルトレイク・スティンガーズでも99試合に出場し、打率.289・5本塁打・45打点という成績を残している。

2007年7月にメジャーリーグに昇格し[2]、更に多くの試合に出場(59試合)。だが、それまでエンゼルスに在籍していたモリーナ兄弟(ベンジー・モリーナホセ・モリーナ)の後釜として大きな期待を掛けられていたプレッシャーからか、マイナーリーグで残していたような成績を残す事は出来なかった[2]。同年残した成績は、打率.211・4本塁打・23打点という成績であり、マイナーリーグでも66試合で打率.244に終わっている。続く2008年は、正捕手のマイク・ナポリが肩痛で故障者リストに入った影響もあり[3]、自己ベストとなる94試合に出場。打撃面では打率.194・9本塁打・42打点と、打率が.200にさえ届かなかったが、守備面ではボールブロック技術やプレート周りの守備などでナポリよりも優れた守備力を発揮[3]。数値的な面でも実際に、キャッチャー防御率が3.66(ナポリは4.45)、盗塁阻止率21.9%(ナポリは14.8%)と、ナポリよりも優れた数値を示した[3]。一方で、悪送球が多過ぎるという課題も出てきた[3]

2009年、2年連続でシーズンの半数に当たる81試合以上の試合に出場(84試合)。打撃面では、打率.211・5本塁打・28打点という数字を残したが、依然として打率は.220を超えない状態が続いた。一方、守備面ではジェレッド・ウィーバーアービン・サンタナとバッテリーを組んだ際の相性が良く[4]、ナポリとバッテリーを組む事が多いジョー・ソーンダースもマシスと組んだ時の方が好投する傾向が見られるなど[4]、前年の評価に違わぬ結果を残した。また、プレイオフでは15打数8安打(打率.533)で二塁打5本を放ち、貧打の捕手というイメージを払拭した[4]。そのため2010年は、ウィーバーやサンタナが登板する試合を中心にスタメン出場する事が予想された[4]。期待されて臨んだ2010年は、開幕3試合目から打率.300を維持するなど[5]、守備のみならず打撃面でも数字を残していた。しかし、4月19日の試合でファウルチップを手首に当てて骨折、やむなく故障者リストに入る事になった[5]。復帰までは約3月を要し、復帰後も打撃・守備両面で低迷した[5]。特に守備面では盗塁阻止率の低下や、ボールブロック能力の低下による大量のワイルドピッチ誘発などの影響が見られた[5]

2011年は正捕手のナポリが放出されたため、ハンク・コンガーと正捕手の座を争った[5]

ブルージェイズ時代

2011年12月3日ブラッド・ミルズとのトレードで、トロント・ブルージェイズへ移籍した[6]

2012年は主にJ・P・アレンシビアのバックアップを務めた。また、2試合でマウンドに上がった。8月14日に総額300万ドルの2年契約[7](2015年・150万ドルの球団オプション付き)を結んだ[8]

マーリンズ時代

2012年11月19日ジョシュ・ジョンソンマーク・バーリージョン・バックエミリオ・ボニファシオホセ・レイエスとのトレードで、ユネル・エスコバーアデイニー・エチェバリアヘンダーソン・アルバレスジャスティン・ニコリーノアンソニー・デスクラファニージェイク・マリスニックと共にマイアミ・マーリンズに移籍した[9]

2013年は、正捕手ではないが、チームの捕手陣では中心格の存在として73試合に出場。バッティング面では、相変わらずの低打率.181だったが、5本塁打・自己2位の29打点を記録した。守備面では1失策守備率.998・DRS +5というハイレベルな成績を残した。

2014年は64試合に出場し、打率.200・2本塁打・12打点をマーク。守備は失策・守備率・DRS全てで前年と同等の値を記録した。10月31日にマーリンズが150万ドルの球団オプションを行使した[10]

2015年は出番が大幅に減少し、ここ9シーズンでは自己最少の32試合の出場に留まった。打率は.100台に逆戻りして.161だったが、ホームランと打点は前年と同数だった。11月2日FAとなったが、12月19日にマーリンズと1年150万ドルで再契約を結んだ[11]

2016年J.T.リアルミュートの控え捕手という立場で41試合の出場に留まった。11月3日にFAとなった[12]

ダイヤモンドバックス時代

2016年12月5日アリゾナ・ダイヤモンドバックスと2年合計400万ドルで契約を結んだ[13][14]

プレースタイル

打撃では、マイナーリーグで3割を打った経験もあるが、メジャーリーグでは.220以上の打率を記録したことがない。
また、マイナーリーグでは、4年連続で2ケタ本塁打を放っており、メジャーでも少ない打席ながら2008年に9本、2012年に8本と、常時出場すれば2ケタ本塁打を見込める力はある。

守備面においては、打撃とは違い、一定の評価を得ている。中でも、ボールブロックの能力や、チームの先発ローテーションの投手とバッテリーを組んだ際に好投を導くと評価されている[3][4]。反面、出場試合数に対しての失策が意外に多く、2008年には捕手として出場した90試合で13失策を喫している。また、肩はさほど強くなく、2006年以外は盗塁阻止率が20%台に止まっている。

詳細成績

年度別打撃成績

















































O
P
S
2005 LAA 5 3 3 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .333 .333 .333 .667
2006 23 63 55 9 8 2 0 2 16 6 0 0 0 1 7 1 0 14 0 .145 .238 .291 .529
2007 59 195 171 24 36 12 0 4 60 23 0 1 3 4 15 0 2 49 3 .211 .276 .351 .627
2008 94 328 283 35 55 8 0 9 90 42 2 2 8 4 30 4 3 90 1 .194 .275 .318 .593
2009 84 272 237 26 50 8 0 5 73 28 2 3 8 1 22 0 4 73 2 .211 .288 .308 .596
2010 68 218 205 19 40 6 1 3 57 18 3 0 3 3 6 0 1 59 3 .195 .219 .278 .497
2011 93 281 247 18 43 12 0 3 64 22 1 2 14 3 15 2 2 75 3 .174 .225 .259 .484
2012 TOR 71 227 211 25 46 13 0 8 83 27 1 0 6 1 9 0 0 68 2 .218 .249 .393 .642
2013 MIA 73 256 232 14 42 7 1 5 66 29 0 0 1 1 21 4 1 76 5 .181 .251 .284 .535
2014 64 195 175 12 35 7 0 2 48 12 0 0 5 0 15 0 0 64 2 .200 .263 .274 .537
2015 32 103 93 9 15 4 1 2 27 12 0 0 0 3 7 1 0 24 2 .161 .214 .290 .504
2016 41 132 126 12 30 4 1 2 42 15 0 0 1 0 4 0 1 36 1 .238 .267 .333 .601
2017 ARI 60 203 186 13 40 10 2 2 60 11 1 0 1 0 14 1 2 61 6 .215 .277 .323 .600
通算:13年 767 2476 2224 217 441 93 6 47 687 245 10 8 50 21 165 15 16 690 30 .198 .256 .309 .565
  • 2017年度シーズン終了時

年度別投手成績

2012 TOR 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 11 2.0 4 0 1 0 0 0 0 0 2 2 9.00 2.50
通算:1年 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 11 2.0 4 0 1 0 0 0 0 0 2 2 9.00 2.50
  • 2017年度シーズン終了時

背番号

  • 44(2005年)
  • 5(2006年 - 2011年)
  • 6(2012年 - 2016年)
  • 2(2017年 - )

脚注

  1. 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2006』 廣済堂出版、2006年。ISBN 4-331-51146-4。
  2. 2.0 2.1 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2008』 廣済堂出版、2008年。ISBN 978-4-331-51300-2。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』 廣済堂出版、2009年。ISBN 978-4-331-51370-5。
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 4.4 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2010』 廣済堂出版、2010年。ISBN 978-4-331-51439-9。
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 5.4 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2011』 廣済堂出版、2011年。ISBN 978-4-331-51518-1。
  6. D.J. Short (2011年12月3日). Angels trade Jeff Mathis to Blue Jays for Brad Mills. HardballTalk(英語). 2011年12月4日閲覧
  7. 各年それぞれ150万ドル。
  8. “Blue Jays sign Jeff Mathis to extension” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Toronto Blue Jays), (2012年8月14日), http://m.bluejays.mlb.com/news/article/36676106/ . 2014年12月23日閲覧. 
  9. “Marlins complete 12-player trade with Blue Jays” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Miami Marlins), (2012年11月19日), http://m.marlins.mlb.com/news/article/40363796/ . 2014年12月23日閲覧. 
  10. Joe Frisaro (2014年10月31日). “Marlins expected to exercise option on Mathis” (英語). MLB.com. . 2014年12月23日閲覧.
  11. ESTIMATED CAREER EARNINGS”. Spotrac. . 2016年12月6日閲覧.
  12. MLB公式プロフィール参照。2016年12月6日閲覧。
  13. 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「Spotrac」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  14. D-backs ink Mathis to two-year contract”. MLB.com (2016年12月5日). . 2016年12月6日閲覧.

関連項目

外部リンク

MLBstats


テンプレート:アリゾナ・ダイヤモンドバックス