actions

嵯峨野昇

嵯峨野 昇(さがの のぼる、1942年3月29日 - 2010年1月31日[1])は、神奈川県出身のプロ野球選手。ポジションは内野手

来歴・人物

鎌倉学園高校では1959年夏の甲子園県予選準決勝に進むが、法政二高に敗れる。卒業後は國學院大學へ進学。東都大学野球リーグでは、二部に低迷していた國學院大を1963年春季リーグから一部に復帰させる。

大学卒業後に日立製作所へ入社。1965年の第20回選抜社会人野球東京大会では、日立製作所の初優勝に貢献。四番打者、三塁手として19打数11安打、打点9、打率.579で最高殊勲選手賞、首位打者賞の二つを独占。同年の都市対抗では簾内政雄(日鉱日立から補強)らの好投もあり準々決勝に進出するが、住友金属に敗退[2]

1965年プロ野球ドラフト会議東京オリオンズへ3位指名で入団。しかし出場機会に恵まれず、1967年に1試合出場したのみで、1968年限りで引退した。

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
1967 東京 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----

背番号

  • 10 (1966年 - 1968年)

脚注

  1. OB NEWS Vol.45 (PDF)”. 公益社団法人全国野球振興会(日本プロ野球OBクラブ) (2010年3月). . 2015閲覧.
  2. 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目

テンプレート:東京オリオンズ1965年ドラフト指名選手