actions

カルロス・ゴンザレス (野球)

カルロス・エデュアルド・ゴンザレスCarlos Eduardo González, 1985年10月17日 - )は、ベネズエラ共和国スリア州マラカイボ出身のプロ野球選手外野手)。左投左打。MLBコロラド・ロッキーズ所属。愛称は名前を短縮してCar-Go(カーゴ)[1]

経歴

プロ入りとダイヤモンドバックス傘下時代

2002年8月3日アリゾナ・ダイヤモンドバックスと契約し、プロ入りを果たした。

2003年にプロデビューを果たした。

2005年はA級サウスベンド・シルバーホークスEnglish版で打率.307・18本塁打・92打点を記録し、ミッドウェストリーグ最優秀選手に選出された[2]

2006年2007年にはオールスター・フューチャーズゲームに選出された。

アスレチックス時代

2007年12月4日にトレードでオークランド・アスレチックスへ移籍。

2008年は開幕をAAA級サクラメント・リバーキャッツでを迎えた。5月30日にメジャー昇格を果たし[3]、同日メジャーデビュー。デビュー戦では2二塁打を記録し、メジャー初安打から7安打連続で長打を記録。この連続長打記録は、メジャー史上1936年ジョニー・マイズ以来となった[4]。メジャーでは85試合の出場で、打率.242・4本塁打・26打点の成績で終え、マイナーではパシフィック・コーストリーグのポストシーズン最優秀選手に選出された[5]

ロッキーズ時代

2008年11月12日マット・ホリデイとのトレードで、ヒューストン・ストリートグレッグ・スミスEnglish版らと共にコロラド・ロッキーズへ移籍[5]

2009年6月5日にAAA級コロラドスプリングス・スカイソックスからメジャーへ昇格。昇格時点で打率.339・10本塁打・59打点を記録し、打点はマイナーリーグ最高だった[6]。メジャーでは打率が2割前後で推移し、前半戦終了時、ダン・オダウドEnglish版GMジム・トレーシー監督にゴンザレスをマイナー降格させる意向であることを伝えたが、トレーシーはゴンザレスをメジャーで起用し続けた[7]。そして、後半戦は打率.320・12本塁打・24打点を記録[8]

2010年は、年間通じてメジャーリーグでプレイ。本拠地で打率.380[9]7月31日の試合ではサイクルヒットを記録するなど好調を維持。最終的に打率.336・34本塁打・117打点・26盗塁という打撃成績を記録し、自身初の首位打者のタイトルを獲得した。また、本塁打はリーグ4位、打点はリーグ2位であり、セントルイス・カージナルスアルバート・プホルス(打率リーグ6位・本塁打リーグ1位・打点リーグ1位)、シンシナティ・レッズジョーイ・ボット(打率リーグ2位・本塁打リーグ3位・打点リーグ3位)と共にシーズン終盤まで三冠王争いを繰り広げた。また、シーズンMVP投票では3位にランクインし、選手間で選ぶプレイヤーズ・チョイスでは、2010年度のMVPに選出された[9]。また、ゴールドグラブ賞シルバースラッガー賞を同時に受賞した。

2011年、前年に引き続き外野3ポジションをまんべんなく守り、127試合に出場。前年に記録した打率.300・30本塁打・100打点のラインには届かなかったものの、打率.295・26本塁打・92打点・OPS0.889・20盗塁という好成績を記録。2年連続で、「20 - 20 (20本塁打・20盗塁)」の同時達成をクリアした。守備面ではレフトで61試合、ライトで34試合、センターで30試合に守りに就いた。全ポジションでDRSは平均以上 (+) を記録した。

2012年、それまでのシーズンとは異なりレフトに定着した。135試合に出場し、2年ぶりの3割超えとなる打率.303・22本塁打・85打点・OPS0.881・20盗塁という成績を残した。「20 - 20」を3年連続で同時達成した。また、自身初となるオールスターのメンバーに選出された。守備面では、2010年以来2年ぶりのゴールドグラブ賞を受賞したが、数字は守備率.982 (4失策) ・DRS-13と芳しくない内容だった。

2013年開幕前の3月に開催された第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ベネズエラ代表に選出された[10]

シーズンでは右手中指の負傷の影響[11]もあり、出場試合数は前年を下回る110試合に留まり、規定打席にも届かなかったが、2年連続で3割超えとなる打率.302・26本塁打・70打点・OPS0.958・21盗塁という好成績をマーク。OPSと盗塁は自己2位、本塁打は自己2位タイ、4年連続での「20 - 20」を記録するなど、好調を維持した。守備でも前年とは打って変わって好調を維持し、DRS+10を記録して2年連続・3度目のゴールドグラブ賞を受賞した。

2014年1月10日に腹部に痛みを生じて急性虫垂炎の切除手術を受けた[11]。この年は故障で長期離脱し、メジャーデビュー以来自己最低の70試合出場に留まった。それに伴い成績も大幅に低下し、打率.238・11本塁打・38打点・3盗塁という内容に終わった。守備では、2012 - 2013年の2年間はレフトしか守らなかったが、3年ぶりにライトの守備にも就いた。

2015年は故障に苦しんだ昨年から一転して自己最多の153試合に出場を果たし、3年振りに規定打席をクリア。打率.271・40本塁打(リーグ3位)・97打点(同7位)の成績を記録した。本塁打を自身初の40本の大台に乗せ、チームメイトのノーラン・アレナドと40本塁打コンビを形成した。そのうち35本を右投手から荒稼ぎするなど右腕相手には滅法強かったものの、左投手相手には打率1割台と苦戦した。また以前は規定打席に到達した年はコンスタントに20盗塁以上を決めていたが、同年は失敗こそ無かったものの2盗塁に留まった。

2016年オフの12月5日第4回WBCベネズエラ代表に選出され、2大会連続2度目の選出を果たした[12]

2017年開幕前に選出されていた第4回WBCに参加。この年は打率.262、14本塁打と成績を落としてしまったが、シーズン前半は睡眠障害に悩まされていたという[13]。オフの11月2日にフリーエージェント(FA)となった[14]

2018年3月12日、ロッキーズと「1年500万ドル+出来高」(出来高の条件を満たした場合、最大で800万ドル)で再契約した[15][16]

選手としての特徴

健康ならば打撃では毎年3割30本100打点を記録でき、守備では強肩と俊足を生かしてゴールドグラブ賞を受賞する程の実力の持ち主で、MLBを代表する5ツールプレイヤーである。 2012年まではホームビジターでの成績の差が激しい選手だったが、2013年はそれを改善しており両方でOPS0.9以上を記録するなど進化を見せた。

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
2008 OAK 85 316 302 31 73 22 1 4 109 26 4 1 1 0 13 1 0 81 7 .242 .273 .361 .634
2009 COL 89 317 278 53 79 14 7 13 146 29 16 4 5 3 28 3 3 70 3 .284 .353 .525 .878
2010 145 636 587 111 197 34 9 34 351 117 26 8 0 7 40 8 2 135 9 .336 .376 .598 .974
2011 127 542 481 92 142 27 3 26 253 92 20 5 0 6 48 8 7 105 11 .295 .363 .526 .889
2012 135 579 518 89 157 31 5 22 264 85 20 5 0 3 56 11 2 115 11 .303 .371 .510 .881
2013 110 436 391 72 118 23 6 26 231 70 21 3 0 3 41 2 1 118 7 .302 .367 .591 .958
2014 70 281 260 35 62 15 1 11 112 38 3 0 0 1 19 2 1 70 7 .238 .292 .431 .723
2015 153 608 554 87 150 25 2 40 299 97 2 0 1 6 46 6 1 133 11 .271 .325 .540 .864
2016 150 632 584 87 174 42 2 25 295 100 2 2 0 1 46 6 1 129 10 .298 .350 .505 .855
2017 136 534 470 72 123 34 0 14 199 57 3 0 0 6 56 3 2 119 9 .262 .339 .423 .762
通算:10年 1200 4881 4425 729 1275 267 36 215 2259 711 117 28 7 36 393 50 20 1075 85 .288 .346 .511 .857
  • 2017年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル

表彰

記録

背番号

  • 28 (2008年 - 同年終了)
  • 5 (2009年 - )

代表歴

脚注

  1. What you need to know for Players Weekend MLB.com (英語) (2017年8月26日) 2017年8月27日閲覧
  2. Callis, Jim; Lingo, Will (2007). Baseball America Prospect Handbook. United States: Baseball America, p. 19. ISBN 978-1932391145. Retrieved on 2010年7月17日. 
  3. A's announce nine player moves” (英語). MLB.com (2008年5月30日). . 2010年7月17日閲覧.
  4. Lee, Jane (2008年6月8日). “Gonzalez has doubles vision so far” (英語). MLB.com. . 2010年7月17日閲覧.
  5. 5.0 5.1 Rockies acquire RHP Huston Street, LHP Greg Smith, OF Carlos Gonzalez from Oakland in exchange for OF Matt Holliday” (英語). MLB.com (2008年11月12日). . 2010年7月17日閲覧.
  6. RIGHT-HANDED PITCHER JASON GRILLI DESIGNATED FOR ASSIGNMENT; OUTFIELDER MATT MURTON OPTIONED TO TRIPLE-A COLORADO SPRINGS” (英語). MLB.com (2009年6月5日). . 2010年7月17日閲覧.
  7. 友成那智村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2010』 廣済堂出版、2010年、427頁。ISBN 978-4-331-51439-9。
  8. Carlos Gonzalez 2009 Batting Splits” (英語). Baseball-Reference.com. . 2010年7月17日閲覧.
  9. 9.0 9.1 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2011』 廣済堂出版、2011年、441頁。ISBN 978-4-331-51518-1。
  10. 2013 Tournament Roster The official site of World Baseball Classic (英語) 2016年3月3日閲覧
  11. 11.0 11.1 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』 廣済堂出版、2014年、471頁。ISBN 978-4-331-51809-0。
  12. 24 All-Stars among initial confirmed players for 2017 World Baseball Classic MLB.com Press Release (英語) (2016年12月5日) 2016年12月15日閲覧
  13. For Rockies' Carlos Gonzalez, solving sleep problems turned around his season”. USA TODAY. . 2018閲覧.
  14. Key free agents for all 30 MLB teams MLB.com (英語) (2017年11月5日) 2017年12月28日閲覧
  15. Carlos Gonzalez, Rockies complete 1-year, $5 million deal”. ESPN. . 2018閲覧.
  16. Rockies Sign Carlos Gonzalez”. MLB TRADE RUMORS. . 2018閲覧.

関連項目

外部リンク

テンプレート:コロラド・ロッキーズ