actions

岡田節人

岡田 節人(おかだ ときんど、1927年2月4日[1] - 2017年1月17日)は、日本の発生生物学[2]JT生命誌研究館名誉顧問、京都大学名誉教授理学博士兵庫県伊丹市出身[2]。伊丹市名誉市民[2]。京都市名誉市民

人物

一般向けの著書も書いており、クラシック音楽好きである。妻・岡田瑛(1928- 京大理学部卒、生物学神戸海星女子学院大学名誉教授)は脇圭平の妹[3]。息子岡田暁生音楽学者。父は国文学者岡田利兵衞で、元伊丹市長でもあった。父利兵衞が地元に没後設立した財団法人柿衞文庫」理事・名誉館長でもある[2]四方田犬彦の母方の遠縁にあたる[4]

2017年1月17日、肺炎により逝去。89歳没[5]

略歴

その他の役職

受賞歴・叙勲歴

著書

単著

  • 細胞の社会 生命秩序をさぐる(講談社ブルーバックス)、1972年)
  • 試験管のなかの生命 細胞研究入門(岩波新書、1976年)
  • がん細胞 その奇妙なふるまい(東京大学出版会、1979年)
  • 動物の体はどのようにしてできるか 発生生物学入門(岩波新書、1981年)
  • 生命科学の現場から(新潮選書、1983年)
  • 発生における分化(岩波書店、1985年)
  • 学問の周辺 私の生物学小(佼成出版社、1991年)
  • からだの設計図 プラナリアからヒトまで(岩波新書、1994年)
  • 生命体の科学 テクノロジーと文化(人文書院、1994年)
  • アルマ・マーラーに恋した生物学者 生命の響き(哲学書房、2000年)
  • 生物学の旅 始まりは昆虫採集!(新潮選書、2000年)
  • ヒトと生きものたちの科学のいま(岩波書店、2001年)

共編著

翻訳

  • 発生 そのメカニズム J.D.イバート、I.M.サセックス 岡田瑛共訳 (岩波書店、1967年)
  • 発生と分化の原理 C.H.ウォディントン 岡田瑛共訳 (共立出版、1968年)

脚注・出典

  1. 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「Chiezou1990」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「Itami」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  3. 『人事興信録』1995
  4. 四方田犬彦『星とともに走る』p.224(七月堂、1999年)
  5. “京大名誉教授・岡田節人さん死去 発生生物学の第一人者”. 朝日新聞. (2017年1月17日). http://www.asahi.com/articles/ASK156HWVK15PLBJ001.html . 2017閲覧. 
  6. 中日文化賞:第31回-第40回受賞者”. 中日新聞. . 2009閲覧.
  7. 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「ISDB」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  8. 『官報』6962号、平成29年2月21日

外部リンク