actions

チャーリー・ロバートソン

チャーリー・ロバートソン(Charles Culbertson Robertson, 1896年1月31日 - 1984年8月23日)は、アメリカ合衆国テキサス州デクスター出身のプロ野球選手投手)。右投げ左打ち。

1922年にMLB史上5人目の完全試合を達成した。

経歴

オースチン大学を卒業後、ホワイトソックスに入団。1919年5月13日の試合に先発しメジャーにデビューする。速球と大きなスローカーブが持ち味の投手だったが、この時は2イニングで2点を失い敗戦投手となった。一旦メジャーから降格した後、再びホワイトソックスの投手として先発したのは1922年のことである。

ロバートソンは1922年の4月26日のクリーブランド・インディアンス戦で初勝利を挙げたあと、4月30日の対デトロイト・タイガース戦で完全試合を達成する。この日タイガースの本拠地ネビン・フィールドには25,000人もの観客が詰め掛け、グラウンドにロープを張ってあふれた客を入れるほどであった。2回裏、タイガースの三番打者ボブ・ヴィーチがこのあふれた観客の中に飛び込みそうな打球を放ったが、ホワイトソックスのレフトを守っていたジョニー・モスティルがこの打球をロープぎりぎりで好捕し、ロバートソンを助けた。俊足だったモスティルの普段の守備位置はセンターだったのだが、この試合ではたまたまレフトを守っていたのもロバートソンには幸運だった。

無名の投手の突然の好投に、タイガースのタイ・カッブハリー・ハイルマンは、ロバートソンがボールに不正な操作をしていると抗議し、試合は2度中断されたが、ロバートソンの好投を止めることはできなかった。試合後タイガースは、この試合で使われたボールをアメリカンリーグ会長だったバン・ジョンソンの元に送りつけ、不正操作がないかを調べるよう主張したが、不正の跡は見つからなかった。それでもカッブは諦めきれず、亡くなるまでロバートソンがボールを操作したといい続けていたそうである。

この年ロバートソンは自己最多の14勝(15敗)の成績を挙げ、翌1923年までホワイトソックスの先発陣の一人として活躍したが、1924年以降は4勝10敗、8勝12敗と勝てなくなり、1925年シーズンオフにホワイトソックスから放出される。その後セントルイス・ブラウンズ、ボストン・ブレーブスと在籍するが勝ち星が伸びず、1928年6月18日の登板が彼のメジャーでの最後の登板となった。

ロバートソンは1984年に、テキサス州フォートワースで88歳で亡くなった。

詳細情報

投手成績























防御率
166 142 1005.0 49 6 80 1 310 1149 38 377 17 16 496 4.44

獲得タイトル・記録

※MLB史上初のビジターゲームでの完全試合でもある。

打撃成績

  • 通算成績:166試合、327打数68安打、本塁打0、打点19、打率.208

関連項目

外部リンク

テンプレート:MLB完全試合達成者 テンプレート:シカゴ・ホワイトソックス開幕投手