actions

篠田淳

2018/8/18/ (土) 01:13時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

篠田 淳(しのだ じゅん、1970年8月24日 - )は、岐阜県大垣市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物

大垣商3年時の1988年第70回全国高等学校野球選手権大会出場。1回戦で坂出商業(後に中日ドラゴンズに入団した古池拓一がいた)、2回戦で京都西を破り、タテに割れる大きなカーブを武器にエースとして3回戦まで進出する。0-1で敗れはしたが3回戦津久見高校戦での川崎憲次郎との投げ合いはこの大会でも1・2を争う名投手戦であった(篠田も自責点は0であり、奪われた1点は味方の失策によるものだった)。ちなみに大垣商業は、その年の国体でも津久見高校と対戦するが、4-2で敗れた。3試合すべて完投して自責点わずか1、しかもイニング数とほぼ同じだけの三振を奪っており、この年のドラフトでは川崎(ヤクルト1位指名)、今中慎二(中日1位指名)、前田幸長ロッテ1位指名)らとともに注目を集めた投手となった。地元の大垣市では一躍人気者となった。

その年のドラフト会議でダイエーに1位指名(日本ハムが指名した中島輝士の外れ1位)を受け入団。新生ダイエー初のドラフト1位選手ということもあり、高卒としては異例の背番号16を与えられるなど、期待は大きかった。

しかし、1年目の1989年に左を壊したのが災いして、1軍での登板はないまま1991年引退。篠田をつぶしてしまった形になったダイエー球団は、親会社のダイエーでの再就職を斡旋。正社員として入社し大垣市内で勤務。数年後、当時ダイエー傘下だったコンビニエンスストアローソンに出向し名古屋市内の店長になり、中京テレビ放送のローカルニュースに出演したことがあった。後年退社し、現在は実家の花苗店で働いているとのこと。

1988年に大垣商が甲子園に出場する以前の4年間は県岐阜商が連続で甲子園に出場しており、当時の岐阜県内では「県岐阜商でないと甲子園に行けない」と言われていた。そんな中で篠田は「県岐阜商に行っていたら補欠にもなれなかったかも。大垣商に行ってとりあえず外野でもいいからレギュラーになれればと思い大垣商を選んだ」という。

1988年に大垣商が甲子園に出場したのを機に、その後10年余りの間は、大垣商が岐阜県内の有力校として何度も県大会上位進出を果たした(6年後の1994年には3度目の甲子園出場を果たした)。中でも県岐阜商との公式戦での対戦は注目され、人気を集めた。

詳細情報

年度別投手成績

  • 一軍公式戦出場なし

背番号

  • 16 (1989年)
  • 79 (1990年)
  • 59 (1990年途中 - 1991年)

関連項目

テンプレート:福岡ダイエーホークス1988年ドラフト指名選手