actions

片峯誠

2019/4/27/ (土) 10:05時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

片峯 誠(かたみね まこと、1956年3月30日 - )は、日本政治家教育者福岡県飯塚市長(1期)。

来歴

福岡県飯塚市出身[1]第一薬科大学薬剤学科卒業。

1982年(昭和57年)4月、飯塚市立飯塚第一中学校の教諭となる。1991年(平成3年)4月、飯塚市立鎮西中学校の教諭となる。2004年(平成16年)4月、穂波町立穂波西中学校(現・飯塚市立穂波西中学校)の校長に就任。2010年(平成22年)5月、飯塚市教育委員会教育長に就任[2]

2017年(平成29年)1月11日、平日の開庁時に賭けマージャンをしていたことが発覚した飯塚市長の齊藤守史と副市長の田中秀哲は記者会見を開き、1月31日付で辞職すると発表[3]。これを受けて同年1月20日、辞職に伴う市長選挙への出馬を表明した。このとき、片峯は齊藤や田中と共に賭けマージャンをしたことがあると記者会見で明らかにした上で「今後は一切しない」と強調した[1]

同年2月26日に行われた市長選挙に自民党民進党公明党の推薦を受けて出馬。元市議の小幡俊之ら2候補を破り初当選した。投票率は43.14%。当選を決めた片峯は市内の事務所で「飯塚市を未来に向けて前進させたい。マージャンは一生しないと決めている」と述べた[4]

脚注

外部リンク

先代:
齊藤守史
25px 福岡県飯塚市長
2017年 -
次代:
(現職)


テンプレート:飯塚市長