actions

羅嘉仁

羅嘉仁
各種表記
繁体字 羅嘉仁
簡体字 罗嘉仁
拼音 Luó Jiārén
注音符号 ㄌㄨㄛˊ ㄐㄧㄚㄖㄣˊ
発音転記: ロ・チャージェン
英語名 Chia-Jen Lo
テンプレートを表示
獲得メダル
男子 野球
テンプレート:TPE
アジア競技大会
2014

羅 嘉仁(ロ・チャージェン、1986年4月7日 - )は、 台湾屏東県出身のプロ野球選手投手)。右投右打。富邦ガーディアンズ に所属している。

経歴

アマチュア時代

2008年には北京オリンピックの野球チャイニーズタイペイ代表に選出された[1]

アストロズ時代

2008年11月7日にヒューストン・アストロズと契約。台湾出身の選手でアストロズと契約した初めての選手となった。

2009年開幕前3月に開催された第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)チャイニーズタイペイ代表に選出された。ただし、登板する事は無かった。

2012年11月20日に40人枠入りを果たした。

2013年3月25日にAA級コーパスクリスティへ異動。7月29日にメジャー初昇格を果たし、7月31日のボルチモア・オリオールズ戦でメジャーデビュー。11点リードの8回裏から登板し、1回を投げ2安打無失点1奪三振に抑えた。この年は19試合に登板し、0勝3敗2セーブ、防御率4.19だった。

オフの11月に台湾で開催された「2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ」のチャイニーズタイペイ代表に選出された[2]

2014年4月5日に40人枠を外れ、AAA級オクラホマシティ・レッドホークスへ降格した。5月27日に解雇された。

義大ライノズ時代

2014年6月23日に台湾プロ野球のドラフト会議で義大ライノズ(のちの富邦ガーディアンズ)の1位指名を受け、8月5日に1年契約で入団。

オフの9月に開催された仁川アジア競技大会のチャイニーズタイペイ代表に選出された。

2015年9月30日に第1回WBSCプレミア12チャイニーズタイペイ代表に選出された[3]。同大会試合中に右肩関節唇の損傷という投手生命を脅かすケガに見舞われた[4]

2016年は前述の怪我で全休した。

プレースタイル

スリークォーターから平均94-95mph(約151-153km/h)の速球とカーブが武器[5]、主にリリーフとして活躍する。マイナーリーグで、速球は最速100mph(約161km/h)を記録した[6]

詳細情報

年度別投手成績

2013 HOU 19 0 0 0 0 0 3 2 1 .000 84 19.1 14 2 13 0 0 16 1 0 9 9 4.19 1.40
2014 義大 12 0 0 0 0 1 0 5 2 1.000 58 15.2 6 0 4 2 0 19 0 0 0 0 0.00 0.64
2015 49 0 0 0 0 2 5 10 4 .286 208 43.1 58 2 20 1 1 39 2 0 31 25 5.19 1.80
MLB:1年 19 0 0 0 0 0 3 2 1 .000 84 19.1 14 2 13 0 0 16 1 0 9 9 4.19 1.40
CPBL:2年 61 0 0 0 0 3 5 15 6 .375 266 59.0 64 2 24 3 1 58 2 0 31 25 3.81 1.49
  • 2016年度シーズン終了時

背番号

  • 63 (2013年)
  • 49 (2014年 - )

代表歴

脚注

  1. Taiwan announces Olympic Roster
  2. 2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ チャイニーズ・タイペイ 選手一覧 野球日本代表 侍ジャパン公式サイト 2015年3月29日閲覧
  3. 2015第一屆世界12強棒球錦標賽 中華隊28人名單正式公布 中華民國棒球協會官方網站 (中国語) (2015年9月30日) 2015年10月9日閲覧
  4. 羅嘉仁12強賽右肩受傷 依薪水保險理賠月薪50萬 ET運動雲 (中国語) (2016年5月30日) 2016年11月21日閲覧
  5. FanGraphs Pitch Type
  6. “Houston Astros call up Taiwanese right-hander Lo Chia-jen”. Formosa English News. (2013年7月30日). http://englishnews.ftv.com.tw/Read.aspx?sno=F2C1D92A74DAEACC1EA34174978874DE . 2015閲覧. 

関連項目

外部リンク

テンプレート:義大ライノズ