actions

労働解放団

Osvobozhdenie truda

ロシアの最初のマルクス主義団体。 1883年スイスに亡命中のG.V.プレハーノフ,V.I.ザスーリッチらによってジュネーブにつくられた。彼らは,ロシアが資本主義を経過することなく,農村共同体を基盤にして直接社会主義へ移行できると考えるナロードニキの理論を批判し,ロシアもすでに資本主義段階に入ったとして,革命の主勢力が農民ではなく,プロレタリアートであると主張した。この団体はのちの「ロシア社会民主労働党」「ソ連共産党」の母体となった。