actions

ヨニー・ハイティンハ

{{#invoke:Infobox3cols|infobox}} ヨン・ハイスベルト・アラン・ハイティンハJohn Gijsbert Alan Heitinga, 1983年11月15日 - )は、オランダ南ホラント州アルフェン・アーン・デン・ライン出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代はオランダ代表。ポジションはディフェンダー(センターバック、右サイドバック)、ミッドフィルダー(ボランチ、センターハーフ)。

表記について

メディアによってはジョン・ハイティンハ[1]あるいはヨン・ハイティンガ[2]ヨン・ヘイティンガとも表記・呼称される。本来の発音はnとgが別に発音されるため、ハイティンガとはならず、ハイティンハに近い。ファーストネームのJohnはオランダでも英語読みされるため、ジョン/ジョニーとなる。

選手歴

アヤックス

アヤックス・アムステルダムのユース出身。2001年夏、17歳の時にフェイエノールト戦でデビュー。一年目から15試合に出場するが、翌2002-03シーズンは二度に渡り選手生命に関わる大怪我を負った影響で1試合のみの出場にとどまった。

2003-04シーズンに復帰後はチームの不動のセンターバックとしてリーグ戦26試合に出場し3ゴールを挙げ、チームのリーグ優勝に貢献。ラファエル・ファン・デル・ファールトヴェスレイ・スナイデルヘドヴィヘス・マドゥロらと共にチームの中心へと成長した。その一方で、ライバルクラブのPSVアイントホーフェンに名将フース・ヒディンクが就任したこともあり、アヤックスはリーグ優勝から遠ざかった。2007-08シーズン開幕前にスナイデルがレアル・マドリードに移籍、10月にはヤープ・スタムが引退、さらにマドゥロが冬にバレンシアCFに移籍。ハイティンハは残留して優勝を目指すがリーグ2位に終わり、ついに17年間所属したクラブを去る決意をする。

アトレティコ・マドリード

2008年8月1日、5年契約・移籍金1000万ユーロでスペインアトレティコ・マドリードへ移籍[3]

エヴァートン

2009年8月30日、5年契約・移籍金約500万ポンドでイングランドエヴァートンFCへ移籍[4]マンチェスター・シティFCに移籍したジョリオン・レスコットの代役として期待され、9月13日フラムFC戦でプレミア・リーグ初出場。

フラム

2014年1月31日、出場機会を求めてフラムFCに半年契約で移籍した[5]

ヘルタ・ベルリン

2014年6月、ヘルタ・ベルリンへ移籍[6]

アヤックス復帰

2015年6月25日、同日付でヘルタ・ベルリンとの契約を解除し、古巣のアヤックス・アムステルダムへ復帰した。契約期間は2016年6月までの1年契約(契約延長オプション付)[7]

しかし2015-2016シーズンは負傷も相まって出場機会に恵まれず、2016年2月1日、現役引退を発表した。

代表歴

ファイル:Heitinga Oranje.jpg
オランダ代表でのハイティンハ

年代別のオランダ代表を経験し、2001 FIFAワールドユース選手権ではU-20オランダ代表のキャプテンを務めた。

2004年2月18日アメリカ代表戦でフル代表デビュー。EURO2004のメンバーにも選ばれ、3試合に出場した。マルコ・ファン・バステン監督の下で2006 FIFAワールドカップに出場しベスト16を経験。UEFA EURO 2008ではチーム事情に応じて複数のポジションでプレーしユーティリティ性を発揮した。

2010 FIFAワールドカップではスペイン代表との決勝までの全試合に出場したが、決勝戦では延長後半5分にアンドレス・イニエスタへのファウルで二枚目のイエローカードをもらい退場。その6分後にイニエスタに決勝ゴールを決められ、チームは準優勝に終わった。

指導者歴

2016年5月6日、2016-2017シーズンよりアヤックスの下部組織のコーチに就任することが発表された[8]

所属クラブ

タイトル

クラブ
アヤックス・アムステルダム
個人

脚注

外部リンク

テンプレート:ヨハン・クライフ賞 テンプレート:オランダ年間最優秀選手賞

テンプレート:Footybio-stub