actions

三次盆地

2018/8/8/ (水) 22:20時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

三次盆地(みよしぼんち)は、広島県北部、中国山地吉備高原の間に位置する山間盆地。

概要

  • 船佐・山内逆断層帯に位置する[1]。山に囲まれいくつものの川が流れる盆地底には平地が広がり、標高は150から170mほど。気候は瀬戸内海型を帯びるが内陸性で[2]、盆地特有の寒暖の差が激しく、冬は寒く雪が多い。晩秋から早春に発生する濃い霧は神秘的で霧の海として知られる。

位置

産業

  • 米作が中心の農業と、牧牛などの畜産が盛んである。その他、煙草や鮎も特産。

参考文献・外部リンク

脚注

  1. 『コンパクト版日本地名百科事典』、監修:浮田典良、中村和郎、高橋伸夫、小学館、1998年
  2. コンサイス日本地名事典第4版、三省堂編修所、谷岡武雄・山口恵一郎監修、1998年

関連項目

  • 浄楽寺
  • 七ツ塚古墳群