actions

部分均衡

ぶぶんきんこう partial equilibrium

経済用語。「他の事情にして等しければ」という条件のもとで,当該の財の価格にのみ依存する需給均衡。

財の需給均衡分析は,ワルラス流の一般均衡分析とマーシャル流の部分均衡分析に大別される。

経済変数が少いため部分均衡は実用性・操作性にすぐれているが,一般均衡の特殊ケースとして一般性が低いとされる。この概念は,ケンブリッジ学派によって積極的に用いられた。