actions

フェルディナント・ツィルケル

フェルディナント・ツィルケル(Ferdinand Zirkel, 1838年3月20日 - 1912年6月12日)はドイツ地質学者岩石学者である。カール・ハインリヒ・ローゼンブッシュとともにドイツでの顕微鏡岩石学(記載岩石学petrography)の創始者の一人である。

プロイセン王国時代のボンで生まれた。ボン大学で学び、1861年に博士号を得た。1863年にレムベルク大学、1868年にキール大学、1870年にライプツィヒ大学地質学教授となった。1898年にロンドン地質学会からウォラストン・メダルを受賞した。ボンにて没。

鉱物ジルケル鉱の峰ツィルケル峰 (Dorsum Zirkel) はツィルケルにちなんで命名されている。

著書

  • Geologische Skizze von der Westkiisle Schottlands (1871)
  • Die Struktur der Variolite (1875)
  • 『顕微鏡岩石学』Microscopical Petrography (1876)
  • Limurit aus der Vallee de Lesponne (1879)
  • Über den Zirkon (1880)
  • 『岩石学教本』Lehrbuch der Petrographie(1866; 2訂 1893, 1894)
  • 『鉱物と岩石の顕微鏡的特徴』Die mikroskopische Beschaffenheit der Mineralien und Gesteine (1873)

関連項目

参考文献

外部リンク