actions

デニス・ベルカンプ

{{#invoke:Infobox3cols|infobox}}

デニス・ベルカンプDennis Nicolaas Maria Bergkamp1969年5月10日 - )は、オランダの首都アムステルダム出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはFW。「アイスマン」のニックネームを持つ。

経歴

11歳の時にWilskrachtでプレーしていたベルフカンプはアヤックスにトレーニング参加を打診されたが、「当時アヤックスを傲慢なクラブと思っていた」という理由で拒否[1]。しかし1年後に同意し、12歳でアヤックスのユースに入ったベルカンプは、ヨハン・クライフに才能を見出され1986年、17歳でトップチームにデビュー。アヤックスで1990年から3年連続得点王に輝き、リーグ優勝、UEFAカップ優勝などに貢献。239試合に出場し、122ゴールを挙げた。

その後、大きな期待を受けてインテルに移籍、93-94UEFAカップにおいては11試合8ゴールを決める活躍でUEFAカップ獲得の原動力となるも、国内リーグでは全く能力を発揮できず、2年目にはベンチを温める様にもなり、1995年にアーセナルに移籍しチームの中心として活躍。97~98シーズン、01~02シーズンの二冠等に貢献。また、2003-2004シーズンには無敗でプレミアリーグを制するなど、一時代を築いた。1998年フランスワールドカップアルゼンチン戦や2002年プレミアリーグのニューカッスル・ユナイテッド戦などで技巧的なゴールを数多く挙げ、パトリック・クライファート2003年に更新するまでオランダ代表の最多得点記録も保持していた。

FIFAワールドカップには、94年アメリカ大会1998年フランス大会の計12試合に出場し6得点を記録、アメリカ大会ベスト8、フランス大会ベスト4進出に貢献した。前述の1998年フランスワールドカップ準々決勝アルゼンチン戦のトラップからのゴールは、当時オランダの新聞によって、「まるでレンブラントの筆さばきのようだ」と同国の歴史的画家のタッチに例えて賞賛された。EURO 2000の準決勝でイタリアに敗れ、代表引退を発表した。

05-06シーズン終了をもって引退を表明した。自身がプロデビューを果たしたチームであるアヤックス・アムステルダムとアーセナルの対戦で引退試合が行われ、オランダの往年の名選手であるヨハン・クライフ、元オランダ代表監督マルコ・ファン・バステン、元FCバルセロナ監督フランク・ライカールト、そしてジョバンニ・ファン・ブロンクホルストパトリック・ヴィエラティエリ・アンリデビッド・シーマンエマニュエル・プティエドガー・ダーヴィッツなどが出場し、数多くのサッカー関係者がこの日のために駆けつけた。ベルカンプ本人も出場し、この試合ではゴールを決めることはできなかったが、随所でイマジネーション溢れるプレイを魅せた。また、クライフとファン・バステンは当初スタンドから観戦していたが、後半から当時のアヤックスのユニフォーム姿で実際にピッチに立ち、ベルカンプとプレイしている。なお、この試合はアーセナルの新スタジアムのエミレーツ・スタジアムこけら落しとして行われた。

2008-2009シーズンから古巣アヤックスに指導者として復帰し、コーチングライセンス獲得を目指すことが決まっている。 その際、アーセナルよりフロント入りのオファーを受けたが断って古巣アヤックスに指導者として復帰を選んだと。

アヤックスのビロード革命の結果、ベルフカンプは『クラブカルチャーの番人』として2011年夏からトップチームでヘニー・スパイケルマンと共にフランク・デ・ブールのアシスタントコーチに就任。クラブのスポーツ面の方針を決定するテクニカル・ハートのメンバーにもなった。2016年夏にペーター・ボスが監督に就任した際もアシスタントに留まったが、このシーズンはベンチには座っていない。ボスが1シーズンで去った後もマルセル・カイザーのアシスタントとして留まったが、ベンチには座らず、アウエーゲームにも帯同しなかった。ボスが1シーズンでアヤックスを去ったのはベルフカンプらとの衝突でクラブ運営陣から十分な支持が得られなかったことが理由と報道され、ベルフカンプは衝突自体を否定したが[2]、カイザーの監督就任を強く主張した本人と言われていた[3]こともあり、2017-2018シーズン前半のアヤックスが不安定だった最大の責任者として毎試合のようにベルフカンプはアヤックス・サポーターからのブーイングを受けることになった。2017年12月21日にシーズン前半戦の不安定な成績から現状のテクニカル・スタッフでは立て直しが困難との理由で、既に形骸化していたテクニカル・ハートの残りメンバーで対立関係にあったマルク・オーフェルマルスによってカイザー、スパイケルマンと共に解任された。その後契約解除は不当だと長く争っていたが、結局KNVBの仲裁委員会に持ち込まれることは無く、協議の末に2018年7月20日に弁護士のハロ・クナイフが契約にある金銭による契約解除条件を理由に公式にアヤックスを去ることが決まったと認めた[4]

エピソード・人物

  • デニスというファーストネームは、マンチェスター・ユナイテッドの名FW、デニス・ローにあやかって名づけられた。"n"が一つ多いのは、オランダで "Denis" は女性名と間違われる恐れがあるとの理由で市役所が認可せず、父親が追加したためである。愛称のアイスマンは、そのパワーと冷静さによる正確な決定力の他、顔が俳優のヴァル・キルマー(『トップガン』でアイスマン役を演じた)に似ていることから名付けられた。
  • 極度の飛行機恐怖症という弱点を持つことでも有名である。このためヨハン・クライフのニックネーム「Flying Dutchman空飛ぶオランダ人)」をもじって「Non-flying Dutchman飛ばないオランダ人)」と呼ばれた。飛行機恐怖症の理由として、「乗っていた飛行機が爆破予告の対象になり、それがトラウマになっている」、「機中で同行記者に不安を煽ることを言われた」、「自分が乗る予定だった飛行機に乗った友人が航空事故で亡くなった」等の諸説がある。このため、遠隔地への遠征にも陸路でしか参加できなかったことがチームの監督を悩ませていた。。ベルカンプを欠いたオランダ代表は2002年ワールドカップ欧州予選で敗退した。
  • 。インテル在籍2年間は全く活躍できず、獲得時の高額の移籍金を引き合いに。
  • アーセナル時代のチームメイトであるティエリ・アンリが憧れの選手に挙げている。
  • FAがプレミアリーグ発足10年を記念して企画したベストゴール特集で1位を獲得したことがある(2002年3月3日のニューカッスル・ユナイテッドFC戦で相手DFを鮮やかな振り向きトラップでかわして決めたゴール)。
  • 息子のミッチェル・ベルカンプ(1998年生まれ[5])と甥のロランド・ベルカンプRoland Bergkamp)もサッカー選手であり2015年現在、前者はアルメレ・シティFC、後者はFCエメンに所属している。

タイトル

ファイル:Dennis Bergkamp.jpg
アーセナルでのベルカンプ

クラブ

  • インテル
    • UEFAカップ 1994

個人

個人成績

テンプレート:サッカー選手国内成績表 top テンプレート:サッカー選手国内成績表 th |- |1986-87||rowspan="7"|アヤックス||rowspan="7"|14||rowspan="7"|エールディヴィジ||14||2|||||||||||| |- |1987-88||25||5|||||||||||| |- |1988-89||30||13|||||||||||| |- |1989-90||25||8|||||||||||| |- |1990-91||33||25|||||||||||| |- |1991-92||30||24|||||||||||| |- |1992-93||28||26|||||||||||| テンプレート:サッカー選手国内成績表 th |- |1993-94||rowspan="2"|インテル||rowspan="2"|10||rowspan="2"|セリエA||31||8|||||||||||| |- |1994-95||21||3|||||||||||| テンプレート:サッカー選手国内成績表 th |- |1995-96||rowspan="11"|アーセナル||rowspan="11"|10||rowspan="11"|プレミアリーグ||33||11|||||||||||| |- |1996-97||29||12|||||||||||| |- |1997-98||28||16|||||||||||| |- |1998-99||29||12|||||||||||| |- |1999-00||28||6|||||||||||| |- |2000-01||25||3|||||||||||| |- |2001-02||33||9|||||||||||| |- |2002-03||29||4|||||||||||| |- |2003-04||28||4|||||||||||| |- |2004-05||29||8|||||||||||| |- |2005-06||24||2|||||||||||| テンプレート:サッカー選手国内成績表 通算始|185||103||||||||||||| テンプレート:サッカー選手国内成績表 通算行|52||11||||||||||||| テンプレート:サッカー選手国内成績表 通算行|315||87||||||||||||| テンプレート:サッカー選手国内成績表 通算終|552||201|||||||||||| |}

代表歴

  • 代表デビュー:1990年9月26日 イタリア
  • 代表キャップ:79試合
  • 得点記録:37得点(歴代4位)
  • 2000年8月10日に代表引退を発表

出典

テンプレート:FIFA 100


この項目は、ウィキプロジェクト サッカー選手の「テンプレート」を使用しています。