actions

ダンバートンオークス提案

Dumbarton Oaks proposals

1944年10月9日に公表された「一般的国際機構に関する提案」。同年ワシントン D.C.のダンバートンオークスで開かれたアメリカ,イギリス,ソ連の会議 (8.21.~9.28.) とアメリカ,イギリス,中国の会議 (9.29.~10.7.) でアメリカ案を中心として討議,作成された (2つの3国会議の形をとったのは,当時まだ対日戦に中立の立場をとっていたソ連が,中国と同席するのを嫌ったため)

この提案は 12章から成り,国連憲章の原案となった。安全保障理事会の表決における拒否権の適用範囲などの対立点は,翌45年2月のヤルタ会談に持越され,合意事項がダンバートンオークス提案に盛込まれた。