actions

高野悦子 (大学生)

2018/8/12/ (日) 21:50時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

高野 悦子(たかの えつこ、1949年1月2日 - 1969年6月24日)は20歳で自殺した日本大学生。遺著『二十歳の原点』(にじゅっさいのげんてん)で知られる。

経歴

1949年栃木県那須郡西那須野町(現・那須塩原市)出身。西那須野町立東小学校西那須野町立西那須野中学校卒業。

栃木県立宇都宮女子高等学校を卒業後、立命館大学文学部史学科日本史学専攻に入学する。

3年生だった1969年6月24日未明、二条駅-花園駅間の山陰本線で上り貨物列車に飛込み死亡した。

死後、20歳の誕生日から自殺にいたるまでの内面の葛藤を綴った日記が同人誌「那須文学」に掲載。1971年新潮社から『二十歳の原点』というタイトルで出版され、広く読まれた。

1973年には映画化もされた。

また、20歳になる以前の日記が『二十歳の原点序章』(1974年、新潮社)、『二十歳の原点ノート』(1976年、新潮社)として出版された。2009年、シリーズ3部作の新装版がカンゼンから発売された。

人物

  • 4歳の頃、先天性心臓弁膜症と診断され、激しい運動を制限される。父親による略歴には「この件が肉体的だけでなく精神的にも大きな影響を与えた」とある。
  • 大学近くのジャズ喫茶しあんくれーる」にたびたび通っていたことが日記に書かれている。
  • 登山に興味を持ち、ワンダーフォーゲル部に入部している。
  • 詩人に憧れ、自身も多数のを書き残す。

日記が書かれた期間

1963年1月1日(中学2年)から1966年11月22日(高校3年)まで
1966年11月23日(高校3年)から1968年12月31日(大学2年)まで
1969年1月2日(大学2年)から1969年6月22日(大学3年)まで

関連項目

  • 奥浩平 - 1965年に自殺した学生運動家。遺稿集である『青春の墓標』は高野の愛読書でもあった。

外部リンク