actions

金廣閔

2018/10/14/ (日) 11:36時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

{{#invoke:Infobox3cols|infobox}}

金 廣閔(キム・グァンミン、김광민1985年12月25日 - )は、大韓民国出身のサッカー選手。

ポジションは、DF

来歴

センターバック、2008年の北京五輪韓国代表候補。釜山商業高校から、韓国Nリーグ水原市庁FCを経て、2008年シーズン途中から当時JFL所属のファジアーノ岡山へ加入。

岡山がJ2リーグに昇格した2009年開幕からレギュラーに定着。6月24日の水戸戦の試合中に負傷、左眼窩底と左上を骨折するなど重傷を負った[1] が、11月8日の岐阜戦に先発出場し復帰した。その後は出場がなく、契約非更新が発表された。

2010年は無所属だったが、2011年に福島ユナイテッドFCに加入した。

2013年10月に福島を退団し、イラクDohok FCへ移籍した[2]

所属クラブ

個人成績

テンプレート:サッカー選手国内成績表 top テンプレート:サッカー選手国内成績表 th |- |2004||rowspan=5|水原市庁||||rowspan=2|K2リーグ||||||colspan="2"|-|||||||| |- |2005||||||||colspan="2"|-|||||||| |- |2006||||rowspan=3|Nリーグ||||||colspan="2"|-|||||||| |- |2007||||||||colspan="2"|-|||||||| |- |2008||||||||colspan="2"|-|||||||| テンプレート:サッカー選手国内成績表 th |- |2008||rowspan=2|岡山||36||JFL||4||0||colspan="2"|-||2||1||6||1 |- |2009||13||J2||18||1||colspan="2"|-||0||0||18||1 |- |2011||rowspan=3|福島||rowspan=3|20||rowspan=2|東北1部||9||2||colspan="2"|-||1||0||10||2 |- |2012||0||0||colspan=2|-||1||0||1||0 |- |2013||JFL||||||colspan="2"|-|||||||| テンプレート:サッカー選手国内成績表 通算始18||1||colspan="2"|-||0||0||18||1 テンプレート:サッカー選手国内成績表 通算行4||0||colspan="2"|-||2||1||6||1 テンプレート:サッカー選手国内成績表 通算行9||2||colspan="2"|-||2||0||11||2 テンプレート:サッカー選手国内成績表 通算行||||colspan="2"|-|||||||| テンプレート:サッカー選手国内成績表 通算終||||colspan="2"|-|||||||| |}


代表歴

脚注

  1. J's GOAL (2009年6月30日). “金廣閔選手の負傷について (岡山)”. . 2013-1-12閲覧.
  2. 金廣閔選手、Dohok FCへ加入のお知らせ - 2013年11月6日福島ユナイテッドFC

関連項目

テンプレート:Footybio-stub