actions

ポール・サミュエルソン

P.サミュエルソンから転送)

Samuelson, Paul

[生] 1915.5.15. インディアナ,ゲーリー
[没] 2009.12.13. マサチューセッツ,ベルモント

アメリカ合衆国の理論経済学者。フルネーム Paul Anthony Samuelson。1935年シカゴ大学卒業,1941年ハーバード大学で博士号取得。その間の 1940年にマサチューセッツ工科大学 MIT経済学部教授に就任。

1947年第1回クラーク賞を受賞。第2次世界大戦中から政府関係機関の顧問として財政経済政策に関与し,ジョン・F.ケネディ大統領のもとでは特別経済顧問として政策立案に貢献した。サミュエルソンの経済学的立場は,マクロ的所得分析とミクロ的価格分析とを新古典学派的立場から拡大,統合しようとするものであった。また経済理論の数学解析的分析に果たした役割も大きい(新古典派総合

現代最高の理論経済学者の一人で,博士論文をもとにした主著『経済分析の基礎』Foundations of Economic Analysis(1947)で第2次世界大戦後の近代経済学の一方向を決定づけるとともに,初めてジョン・M.ケインズの所得分析を本格的に導入。ほぼ 3年ごとに改訂版が出版され,日本をはじめ各国で広く用いられている『経済学』Economics: An Introductory Analysis(初版 1948,第13版 1989)によっても戦後の経済問題の考え方に大きな影響を与えた。経済学のあらゆる分野になんらかの影響を及ぼし,1970年にノーベル経済学賞を受賞。ロバート・ドーフマンロバート・M.ソローとの共著『線形計画と経済分析』Linear Programming and Economic Analysis(1958)のほか多くの編著,論文があり,諸論文は論文集 5巻(1966~86)に収められている。