actions

4K 8Kテレビ放送

4K 8Kテレビ放送(よんけーはちけーテレビほうそう)は、現行の高精細度テレビジョン放送1080i(2K)や720pに比べ、映像・動画の解像度(画素数)が高い映像4K8Kの「スーパーハイビジョン」で行われる放送の通称。2013年に次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)が設立され試験放送を行った。[1]2016年4月1日にはNexTV-Fとデジタル放送推進協会(Dpa)が合併し、放送サービス高度化推進協会(A-PAB)が発足[1]、2018年12月1日には、BSで本格的に家庭向け4K放送が行われる。

概要

映像の解像度をSDTV - HDTV - UHDTVと分類した場合、UHDTV(Ultra High Definition Television、超高精細テレビ)で行われる放送に該当する。これを略してUHDと呼ばれることも多い。H.265で圧縮された映像を、地上波衛星ケーブルテレビIP放送VODなどで伝送する放送サービスが実施・計画されている。NHKは8Kをスーパーハイビジョン(SHV)として実用化を進めている。

韓国では2013年より、ケーブルテレビ、衛星放送で4Kテレビ放送が開始されている。

日本においては2014年6月より124/128度CSにおいて4Kテレビ放送のChannel 4Kが開始された。日本の放送方式ISDBではBS/CS(110度)放送で4K・8Kが行われる。2016年に一般家庭向けではない放送が開始され、2018年には民放キー局系列のBS放送で一斉に家庭向け4K放送が開始される予定[2]

日本の主な4K・8K放送

ファイル:8K Broadcast Experiment in Japan2015.jpg
NHK放送技術研究所による8K衛星放送の公開実験(2015年)

日本国内で実施されている4K・8K放送と今後予定されている4K・8K放送[3]。地上波での4K・8K放送の予定は無い。

4K放送

4K UHDTV2160p(3840×2160))は2Kの4倍(横2倍×縦2倍)である。

  • 2014年
  • 2015年
  • 2016年
    • 3月31日 4K試験放送Channel 4K放送終了[4]
    • 8月1日 BS放送でNHKによる4K試験放送開始(地デジ難視対策放送終了後の空き周波数帯域、BS-17を使用)
    • 12月1日 NHKと同じBS-17でA-PAB(旧:NexTV-F)が4K試験放送開始
  • 2017年1月11日 総務省が2018年に開始予定の4K/8K実用放送の参入事業者を決定[5]
  • 2018年6月6日 東芝がISDBの4Kチューナ内蔵テレビを販売開始、他のメーカーも冬までに内蔵テレビ、外付けチューナを販売する。
    • 7月23日 BS放送でNHKによる4K試験放送が終了[6]
    • 12月1日 右旋BS放送(BS朝日、BSジャパン、NHK BS4K、BS-TBS、BSフジ)および左旋BS放送(ショップチャンネル、QVC、映画エンタテイメントチャンネル)と110度CS左旋(スカチャン4K)で4K実用放送開始予定[7]。NHK BS4Kは毎日6時から翌0時までの間、4K放送を実施する[8]
  • 2019年12月1日 右旋BS放送にてBS日テレが4K実用放送開始予定[7]
  • 2020年12月1日 左旋BS放送にてWOWOWが4K実用放送開始予定[7]

8K放送

8K UHDTV4320p(7680×4320))は2Kの16倍(縦横各4倍)である。スーパーハイビジョンは60Hzに加え、120Hzを目標にしている。

  • 2016年8月1日 BS放送でNHKによる8K試験放送開始(地デジ難視対策放送終了後の空き周波数帯域、BS-17を使用)
  • 2017年12月1日 シャープが世界初の家庭用8Kテレビ(LC-70X500)を発売
  • 2018年7月23日 BS放送でNHKによる8K試験放送が終了[6]
    • 12月1日 左旋BS放送にてNHK BS8Kが8K実用放送開始予定[7]。毎日10時から22時10分までの間、8K放送を実施する[8]

問題点

地上波デジタル放送でHDTVへの移行が完了したばかりの民間放送局では、更に4Kカメラや設備に投資が必要となり、膨大な費用がかかる為、4K放送や4K番組制作には消極的、[9]な放送局[10]もある。左旋偏波のアンテナが必要なチャンネルもある。また、4Kのため現行のBS放送のスロットが削減され画質が低下している。

脚注

関連項目