actions

青山正克

青山 正克(あおやま まさかつ、1971年3月29日 - )は、茨城県出身の元社会人野球選手(内野手)、指導者、監督である。

来歴

土浦日大高時代は、1年次に夏の甲子園への出場を果たす。

高校卒業後は、法政大学に進学。同校の野球部全日本大学野球選手権への出場経験を有する。

大学卒業後は、岐阜県岐阜市に本拠地を置く社会人野球昭和コンクリートに入団。当時、東海地区にあって後発ながらも進境著しい同社チームにあってショートのレギュラーの座を獲得、小柄ながらもパンチ力のあるクラッチヒッターとして活躍した。

2003年夏限りで、同社が野球部の活動を休止したことに伴って西濃運輸に移籍したが、こちらでは目立った活躍を残せないまま1シーズンで戦力外となった。

その後、一光へ移籍。一光では、再び内野のレギュラーとなり、その一方で兼任コーチとして若手選手の育成に当たった。

2007年限りで、一光が廃部になったのを期に現役を引退。

2008年からは、愛知産業大学の野球部で監督を務める(星野奏真の後任)。

主な表彰