actions

素朴実在論

素朴実在論(そぼくじつざいろん、英:Naïve realism)

主として認識論上の立場で,われわれの認識の対象は,常識的に,感覚に映じるがままに実在するとした理論。実在論が観念論の批判を受けて,みずからを修正しながらその難点を克服し,いわゆる批判的実在論に立ったのに対して,それ以前のものが素朴実在論と呼ばれる。



楽天市場検索: