actions

米比戦争

フィリピン・アメリカ戦争
戦争: 米比戦争
年月日: 1899年-1902年/1913年
場所: フィリピン諸島
結果: アメリカ合衆国の勝利。フィリピン第一共和国の崩壊、植民地化。
交戦勢力
テンプレート:USA1896
テンプレート:PHL1899
22px カティプナン
フィリピンの旗 プラハネスEnglish版
22px スールー王国
フィリピンの旗 モロ
22px サンボアンガ共和国English版
ネグロス共和国English版
戦力
計126,000人[1] 80,000人
損害
戦死者 4,196人[2] 戦死者 12,000-20,000人(軍人)[1][3]
戦死者 200,000人から 1,500,000人(文民)[3][4][5]

テンプレート:フィリピンの歴史

米比戦争(べいひせんそう、英語: Philippine–American War)は、アメリカ合衆国フィリピンの間で1899年-1902年に起きた戦争である。

背景

米西戦争

1896年以来、カティプナンのフィリピン人たちは、スペインからの独立(フィリピン独立革命)のために戦ってきた。1898年5月1日米西戦争の戦闘のひとつ、マニラ湾海戦でスペイン軍が敗北した。アメリカはフィリピン独立運動の指導者エミリオ・アギナルドに勝利の暁に独立させると約束して背後からスペイン軍を襲わせた。しかし、スペイン降伏後アメリカは、フィリピン独立の約束を反故にして植民地にし、アギナルド率いる独立軍1万8千人の掃討を始めた。米上院に報告された数字では米軍は1902年までの4年間で20万人を殺害した。

マロロス議会

6月12日カティプナンのフィリピン人たちは、エミリオ・アギナルドの下で独立を宣言した。9月15日、アギナルドは、マロロスマロロス議会English版を組織した。

パリ条約

アメリカ合衆国はアギナルド将軍に協力したら独立させると約束し、マニラの戦い (1898年)English版7月25日 - 8月13日)でフィリピンの独立を援助する名目でスペインを破ったにも関わらず、12月10日パリ条約において、アメリカ合衆国は2,000万ドルでフィリピンを購入した。

戦争への反対

マーク・トウェインアンドリュー・カーネギー、さらにはグロバー・クリーブランド元大統領に代表されるアメリカ反帝国主義連盟は、マッキンリー政権によるフィリピンの併合に強く反対した。また、フィリピン人はアメリカ合衆国に加わりたいと考えていると思い込み、フィリピンの併合は民意を反映していないと反対するアメリカ人もいた。戦争に対する反対意見の主な理由は、単にスペインからアメリカ合衆国にフィリピンの支配国が移り変わっただけであり、米西戦争の目的に反しているというものであった。

フィリピン第一共和国の建国

アメリカ合衆国は、フィリピン側にとって同盟者ではなく支配者になったと見られたため、フィリピン兵とアメリカ兵の関係は極度に緊迫したものであった。 1899年1月1日にアギナルドが初代大統領に就任した。 1899年1月21日フィリピン第一共和国が建国される。

植民地化を開始したアメリカ軍では、1898年から1902年の間にフィリピンで戦闘を指揮した将軍30人のうち26人は、インディアン戦争においてジェノサイドに手を染めた者であった。反乱を鎮圧するために行われた虐殺や虐待が報じられるようになると、戦争への賛成意見は減少した。

戦争の経過

戦争の始まり

ファイル:Editorial cartoon about Jacob Smith's retaliation for Balangiga.gif
ニューヨークジャーナルの風刺画。フィリピン人を銃殺しようとするアメリカ兵の背後には「10歳以上の者は皆殺し」と書かれている。

1899年2月4日サン・フアン・デル・モンテEnglish版の橋でアメリカ支配側に立ち入ったとされるフィリピン兵が射殺された。近年フィリピンが行った調査では、事件の現場は、現在のマニラ市内のソシエゴ通りであったとしている。当時のアメリカ合衆国大統領、ウィリアム・マッキンリーは、この事件はフィリピン側によるマニラ市内への攻撃であったと新聞に語り、責任をフィリピン側に求めた。

マッキンリー政権は、アギナルド率いる政府を犯罪者集団と呼んだため、議会を通じた正式な開戦通告は行われなかった。主な理由として2つ挙げられる。

  • 1つ目は、フィリピン側を国と認知しないことで、国家間の戦争ではなく、政府に対する反乱であるとするためであった。しかし、この時点でアメリカ側が支配していたのはマニラのみであった。
  • もう1つは、米西戦争により逼迫していた財政を念頭に、アメリカ兵の戦争手当てを最小限にするため、戦争ではなく警察活動であると宣言したのであった。

1899年2月末までに、アメリカ軍はなんとかマニラを手中に収め、フィリピン軍は北部へ退去せざるを得なかった。

4月にアメリカ軍はクィングァの戦いEnglish版(現ブラカン州プラリデルEnglish版)を制圧。

6月のフィリピン政府内の敵対派によるアントニオ・ルナ将軍の暗殺によって、フィリピンの通常軍は弱体化した。

アメリカ軍の勝利はその後も、ザポテ橋の戦いEnglish版(1899年6月13日)で続いた。

アメリカ軍の増派

アメリカ合衆国からは8月14日に11,000人の地上部隊がフィリピンを占領するために送られた。この時、フィリピン駐留アメリカ軍司令官となり、実質的なフィリピンの植民地総督となったのが、アーサー・マッカーサー・ジュニアである。(彼の三男がダグラス・マッカーサーである)

アメリカ軍は、リンガエン湾サン・ハシントの戦いEnglish版(1899年11月11日)に勝利し、マッカーサーの本隊と合流した。

黒人兵のなかに「なぜ白人のためにニガーがニガーを殺すのか」という疑問が広まり、1899年11月にはデビッド・ファーゲンEnglish版ら9人が脱走し、アギナルド軍に加わった。ファーゲンは現地兵をよく統率し、米軍に痛撃を与え、その功で現地軍の大尉に昇進し、フィリピン人の妻も得た。

ティラード峠の戦いEnglish版(1899年12月2日)で、グレゴリオ・デル・ピラールEnglish版准将はアギナルドを逃がすために戦闘を遅らせたが、ピラール本人は最後の攻撃で殺された。

ゲリラ戦

アントニオ・ルナ将軍とグレゴリオ・デル・ピラール准将という優秀な将軍2人を失ったため、フィリピン軍は通常戦を戦う能力を急激に失っていった。フィリピン軍が山に逃げ込むとマッカーサーは彼らを非正規軍と宣言し、彼らとその協力者を逮捕拷問、殺害した。ミゲル・マルバールEnglish版の指揮の下、戦況はゲリラ戦の様相を見せたが、アメリカ軍の勝利はその後も、 プラン・ルパの戦いEnglish版(1900年9月13日)、 マビタックの戦いEnglish版(1900年9月17日) と続いた。

ボホール島

1901年3月5日ボホール島ロノイの戦いEnglish版が発生。

サマール島・レイテ島・バタンガスの戦い

1900年4月15日サマール島北部のカトゥビグEnglish版でアメリカ軍部隊をフィリピン人ゲリラが急襲、町を4日間に渡り占拠し(カトゥビグの戦いEnglish版)、これに対しアメリカ軍部隊も増援が来るまで粘った。

1901年9月6日マッキンリー大統領暗殺事件が発生。

1901年9月28日サマール島バランギガの虐殺English版が発生。小さな村でパトロール中の米軍二個小隊が待ち伏せされ、半数の38人が殺された。アーサー・マッカーサーは報復にサマール島とレイテ島の島民の皆殺しを命じた。少なくとも10万人は殺されたと推定されている。またマッカーサーはアギナルド軍兵士の出身者が多いマニラ南部のバタンガスの掃討を命じ、家も畑も家畜も焼き払い、餓死する者多数と報告された。

公式の戦争終結

1902年7月1日Philippine Organic ActEnglish版が承認された。

1902年7月2日、陸軍長官が電報を打電。

1902年7月4日セオドア・ルーズベルトが公式声明を発表。

アメリカはフィリピン人による傀儡政権をつくり、日本の脅威に対処するために、クラークフィールドに極東最大の空軍基地を置き、フィリピン人12万人に軍事訓練を施した。

公式の戦争終結後の戦闘

さらに次の10年では、アメリカ軍フィリピン軍に対抗するため、126,000人にも及ぶ大規模な軍事力を必要とした。アメリカ軍はさらに、パンパンガ州マカベベのフィリピン人を雇い入れることも行った。

モロの反乱

1899年から1913年にかけて、Moro Provinceスールー王国マギンダナオ王国en:Confederation of sultanates in Lanaoサンボアンガ共和国English版)のモロ族への残党狩りが長期間に渡って行われた。

犠牲者数

フィリピン側の民間人の犠牲者数は20万人から150万人といわれる[3][4][5]

結果とその後

当初アメリカにより保証されていたフィリピンの独立も、1946年マニラ条約English版で漸く果たされることとなる。フィリピン人は一般的に親米であるが、こうした経緯から、反米感情もまたある。

脚註

  1. 1.0 1.1 “Historian Paul Kramer revisits the Philippine-American War”, The JHU Gazette (Johns Hopkins University) 35 (29), (April 10, 2006), http://www.jhu.edu/~gazette/2006/10apr06/10paul.html . 2008閲覧. 
  2. Chambers & Anderson 1999
  3. 3.0 3.1 3.2 Guillermo, Emil (February 8, 2004). “A first taste of empire”. Milwaukee Journal Sentinel: 03J. http://news.google.com/newspapers?nid=1683&dat=20040208&id=gbIaAAAAIBAJ&sjid=GEUEAAAAIBAJ&pg=5222,6070988. (author unknown) (November 1, 2003). “Kipling, the 'White Man's Burden,' and U.S. Imperialism”. Monthly Review 55: 1. 
  4. 4.0 4.1 Smallman-Raynor 1998
  5. 5.0 5.1 Burdeos 2008, p. 14

参照文献

外部リンク

関連項目