actions

渡辺長助

渡辺 長助(わたなべ ちょうすけ、1956年10月11日 - 2011年6月28日)は、熊本県八代市出身の元プロ野球選手捕手)・コーチスコアラー

経歴

八代第一高等学校から社会人野球九州産交を経て、1978年ドラフト会議阪神タイガースから3位指名を受け入団。

入団から3年間は一軍出場がなかったが、1982年に一軍初出場を果たす。翌1983年5月29日読売ジャイアンツ戦で9回に代打として起用され、角盈男から生涯唯一の本塁打を放つ。同年は5試合に先発マスクを被った。1984年には開幕戦から4試合連続で先発出場。自己最多の42試合に出場(うち11試合に先発)したが、山川猛の控えにとどまり正捕手の座は掴めなかった。翌1985年からは木戸克彦が台頭し、一軍出場がなくなった。1986年に現役を引退。

九州産交時代から評判の強肩と、打たれない方向へ投手を導く巧みなリードが持ち味。相手投手の癖を盗むのもうまく、信頼感もあったが、守備とは裏腹に打撃は非力。若菜嘉晴山川猛笠間雄二らの存在もあり、準レギュラー止まりで終わった。

引退後も阪神に留まり、1987年から1988年までスコアラー、1989年から1990年まで一軍ブルペンコーチ補佐、1991年は一軍バッテリーコーチ、1992年は一軍ブルペンコーチ、1993年は二軍バッテリーコーチ、1994年から1998年まで二軍育成コーチ、1999年から2002年まで再びスコアラー、2003年からチーフスコアラーを務めた。1996年からは選手寮「虎風荘」の五代目寮長も兼任していた。

2011年6月28日未明、チーム遠征先の富山市の宿舎で心筋梗塞のため死去[1]。54歳没。当日、富山市民球場アルペンスタジアムで行われた対広島東洋カープ戦で、阪神の首脳陣と選手たちは喪章を付けて試合を行い、哀悼の意を示した[2]

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
1982 阪神 6 5 5 1 2 1 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .400 .400 .600 1.000
1983 30 32 31 1 5 0 0 1 8 2 0 0 1 0 0 0 0 6 1 .161 .161 .258 .419
1984 42 32 29 1 4 1 0 0 5 1 0 0 2 0 1 0 0 5 2 .138 .167 .172 .339
通算:3年 78 69 65 3 11 2 0 1 16 3 0 0 3 0 1 0 0 12 3 .169 .182 .246 .428

背番号

  • 36 (1979年 - 1986年)
  • 89 (1989年 - 1998年)

脚注

  1. 遠征先の宿舎で…阪神チーフスコアラー死去 スポーツニッポン、2011年6月29日。
  2. 阪神・渡辺Cスコアラー遠征先で急死…選手は喪章”. デイリースポーツ (2011年6月28日). . 2011閲覧.

関連項目

テンプレート:阪神タイガース1978年ドラフト指名選手