actions

比治山大学短期大学部

比治山大学短期大学部
大学設置 1966年
創立 1939年
学校種別 私立
設置者 学校法人比治山学園
本部所在地 広島県広島市東区牛田新町4丁目1-1
学部 総合生活デザイン学科
幼児教育科
美術科
研究科 栄養専攻
幼児教育専攻
美術専攻
ウェブサイト 比治山大学短期大学部公式サイト
テンプレートを表示

比治山大学短期大学部(ひじやまだいがくたんきだいがくぶ、英語: Hijiyama University Junior College

広島県広島市東区牛田新町4丁目1-1に本部を置く日本私立大学

1966年に設置。大学の略称は比治短。

概観

大学全体

建学の精神(校訓・理念・学是)

  • 比治山大学短期大学部における建学の精神は「悠久不滅の生命の理想に向かって精進する」となっている。

教育および研究

  • 比治山大学短期大学部は幼児教育科が設置されており、短期大学部附属幼稚園での教育実習が取り入れられている。ほか、生活総合デザイン学科と美術科が設けられている。

学風および特色

  • 比治山大学短期大学部は大学とおなじキャンパス内にあるため、両者同士の交流が盛んである。
  • 1995年までは、制服の着用が義務付けられていた。

沿革

  • 1939年 財団法人広島昭和学園による広島高等女学校が発足。
  • 1943年 比治山高等女学校となる。
  • 1948年 学制改革により、比治山女子中学校・高等学校が発足。
  • 1951年 財団法人広島昭和学園が学校法人比治山学園に組織変更される。
  • 1966年 比治山女子短期大学(ひじやまじょしたんきだいがく)として開学。家政科を設置[1]
  • 1967年 学科を増設する。
  • 1970年 幼児教育科を増設[4]
  • 1974年 家政科を専攻分離する
    • 家政専攻
    • 被服専攻
  • 1985年 専攻科を設置。
    • 国文専攻
    • 幼児教育専攻
  • 1994年 家政科を生活学科と改称。
  • 1995年 生活学科の専攻名称を変更。
    • 家政専攻→生活科学専攻と改称
    • 被服専攻→生活文化専攻と改称
  • 1997年 専攻科幼児教育専攻が大学評価・学位授与機構に認定される。
  • 1998年 比治山大学短期大学部と改称され、共学となる。
  • 2002年 専攻科に美術専攻を設置。
  • 2004年 生活学科を総合生活デザイン学科に改称。
  • 2005年 総合生活デザイン学科に栄養士養成系列を設置。

基礎データ

所在地

  • 本部キャンパス(広島県広島市東区牛田新町4丁目1-1)

交通アクセス

教育および研究

組織

学科

  • 総合生活学科
  • 幼児教育科
  • 美術科 
学科の変遷
  • 家政科→生活学科→総合生活デザイン学科
    • 家政専攻→生活科学専攻:募集は1998年度まで
    • 被服専攻→生活文化専攻:募集は1998年度まで
  • 国文科:募集は1993年度まで。翌年度より比治山大学に譲渡。
  • 幼児教育科

専攻科

  • 栄養専攻
  • 幼児教育専攻
  • 美術専攻
過去にあった課程
  • 国文専攻

別科

  • なし
取得資格について

資格

  • 保育士:幼児教育科
  • 栄養士:総合生活デザイン学科(栄養士系列科目を履修のこと)

教職課程

附属機関

  • 女性文化研究センター

学生生活

部活動・クラブ活動・サークル活動

学園祭

  • 比治山大学短期大学部の学園祭は「比治山祭」と呼ばれ毎年、10月に大学と合同で行われる。

大学関係者と組織

大学関係者

出身者

施設

キャンパス

  • 学生会館
  • 1号館
  • 2号館
  • 3号館
  • 4号館
  • 5号館
  • 6号館
  • 7号館:図書館があり、館内に三島由紀夫文庫がある。
  • 8号館
  • 9号館ほか

対外関係

他大学との協定

アメリカ

オーストラリア

韓国

系列校

社会との関わり

  • 本短大の総合生活デザイン学科学生が、「中国新聞カープALL-IN大賞」を受賞している。

卒業後の進路について

就職について

  • 総合生活デザイン学科:一般企業への就職者が大半となっている。栄養士としての就職実績としてはアヲハタ魚国総本社ちから広和などがある。
  • 幼児教育科:保育所児童福祉施設の保育職に就く人が最も多い。それについで幼稚園教員が多いものとなっている。
  • 美術科:一般企業への就職者が大半となっている。卸売・小売、サービス業が特に多い傾向にある。

編入学・進学実績

附属学校

参考文献

脚注

  1. 当初は231人が在籍。
  2. 当初の在学者数は390人となっている
  3. 当初の在学者数は66人となっている
  4. 当初の在学者数は107人となっている
  5. 過去には、生活学科生活科学専攻および生活文化専攻にて設置されていた。

関連項目

公式サイト




座標: 北緯34度25分38.9秒 東経132度28分29.8秒