actions

松山事件

松山事件(まつやまじけん)

1955年(昭和30)10月18日未明、宮城県志田(しだ)郡松山町(現、大崎市)で、子供を含む一家4人が殺害された放火殺人事件。隣町に住む斎藤幸夫(ゆきお)(当時24歳)が、強盗殺人、非現住建造物等放火で死刑判決を受けたが、その後の再審で無罪となった。



楽天市場検索: