actions

松原由昌

松原 由昌(まつばら よしまさ、1955年5月10日 - 2014年3月7日)は、神奈川県出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物

向の岡工業高を卒業後、東京都水道局に入局。水道局時代は野球をせず、南部第一支所で各家庭に鉛管を引く工事の監督補佐をしていた[1]。しかし、プロ野球選手になる夢を捨てきれず1974年秋に多摩川グラウンドで行われた読売ジャイアンツの入団テストを受け、見事合格してドラフト外で入団した[1]。同期入団には、後のエースとなる西本聖定岡正二などがいた。

しかし、一軍の壁は厚く、1977年オフに巨人を自由契約になりロッテオリオンズに移籍。1981年オフに現役を引退した。

引退後は、ロッテの打撃投手などを務めた。

2014年3月上旬横浜市内でバスに乗車中倒れ、病院に搬送されたが意識は戻ることなく3月7日死去。58歳だった。

詳細情報

年度別投手成績

  • 一軍公式戦出場なし

背番号

  • 68 (1975年 - 1977年)[2]
  • 60 (1978年 - 1986年)[3]

脚注

関連項目

外部リンク