actions

布田 (川崎市)


布田
—  町丁  —
布田の位置
布田
布田の位置
座標: 東経139度32分45.2秒北緯35.634306度 東経139.545889度35.634306; 139.545889
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Kawasaki, Kanagawa.svg 川崎市
多摩区
面積[1]
 - 計 0.274km2 (0.1mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 2,567人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 214-0011[3]
市外局番 044 (川崎MA)[4]
ナンバープレート 川崎

布田(ふだ)は、神奈川県川崎市多摩区町名。丁番を持たない単独町名であり、1991年平成3年)11月25日住居表示が施行されている[5]郵便番号は214-0011。面積は27.4 ha[1]

地理

多摩区の北西部に所在し、北側で多摩川に面している[6]。域内は住宅地となっているが[7]、わずかに麦畑や果樹園も見られる[8]

布田は北端で東京都調布市の上布田町・下布田町と、東端から南端にかけて中野島と、西端では二ヶ領用水を挟んで菅馬場菅稲田堤と接している(特記のない町域は神奈川県川崎市多摩区)。

地価

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、布田10-7の地点で24万3000円/m2となっている。[9]

歴史

当地は甲州街道布田五宿であった上布田宿下布田宿の一部であり、江戸時代にはすでに多摩川を挟んだ飛地となって、「向河原」と呼ばれていた[10]。江戸時代を通じて下布田の飛地には家が1軒しかなく、近隣との付き合いは川の向かい側としかなかったという[7]

明治末期には東京府と神奈川県の府県境が多摩川に引き直され、当地は神奈川県橘樹郡稲田村へと編入された[6]。下布田の側にも近隣から住民が移住し、地域コミュニティも、のちには中野島と一体化していった[7]

昭和には砂利採取も行われる一方[7]、戦後しばらくまでは農地として推移したが、昭和30年代以降は急激に宅地開発が行われ、農村風景は急速に姿を消していった[8]平成に入って行われた住居表示で、上布田と下布田をまとめて布田となった[11]

地名の由来

未詳であるが、万葉集歌枕に「調布玉川」があるように、周囲一帯が布の産地として知られたことに由来するのではないかと考えられている[6]。過去には和名抄に「爾布多」と記されている[10]ほか、中世には「補蛇」とも書かれた[6]

上布田・下布田の上下はから見たものであるが、多摩川の上流・下流とも一致している[6]

沿革

  • 江戸時代 - 当地は布田五宿のうち、上布田宿・下布田宿の各飛地であった。
  • 1889年(明治22年)- 町村制の施行により、調布町が成立。上布田下布田は同町の大字となる。
  • 1912年(明治45年)- 東京府と神奈川県で境界変更が行われ、当地は神奈川県橘樹郡稲田村へ編入された。
  • 1932年昭和7年)- 稲田村が町制を施行。稲田町上布田下布田となる。
  • 1938年(昭和13年)- 稲田町が川崎市に編入される。川崎市上布田下布田となる。
  • 1939年(昭和14年)- キトーの本社工場が当地に進出[12](のちに移転)。
  • 1972年(昭和47年)- 川崎市が政令指定都市に移行。当地は川崎市多摩区上布田下布田となる。
  • 1991年(平成3年)- 住居表示が施行され、上布田と下布田をあわせて布田となる。

世帯数と人口

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
布田 1,294世帯 2,567人

小・中学校の学区

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[13][14]

番地 小学校 中学校
全域 川崎市立下布田小学校 川崎市立中野島中学校

交通

鉄道

南武線が当地の南端を通るが、駅はない(中野島駅 - 稲田堤駅間)。

道路

施設

脚注

  1. 1.0 1.1 町丁別面積(総務省統計局「地図で見る統計(統計GIS)」の数値)”. 川崎市 (2015年10月26日). . 2018閲覧.
  2. 2.0 2.1 町丁別世帯数・人口”. 川崎市 (2018年1月25日). . 2018閲覧.
  3. 郵便番号”. 日本郵便. . 2018閲覧.
  4. 市外局番の一覧”. 総務省. . 2018閲覧.
  5. 区別町名一覧表(多摩区) 川崎市、2011年11月21日現在(2012年4月1日閲覧)。
  6. 6.0 6.1 6.2 6.3 6.4 川崎地名辞典(下)』、p.115。
  7. 7.0 7.1 7.2 7.3 川崎の町名』、p.231。
  8. 8.0 8.1 川崎の町名』、p.232。
  9. 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  10. 10.0 10.1 川崎の町名』、p.230。
  11. 川崎地名辞典(下)』、p.116。
  12. 角川日本地名大辞典』、p.469。
  13. 川崎市立小学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). . 2018閲覧.
  14. 川崎市立中学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). . 2018閲覧.

参考文献

  • 『川崎の町名』 日本地名研究所 編、川崎市、1995年。
  • 『川崎地名辞典(下)』 日本地名研究所 編、川崎市、2004年。
  • 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』 角川書店、1984年。