actions

岡本依子

岡本 依子
{{#invoke:InfoboxImage|InfoboxImage|image=|size=|sizedefault=frameless|upright=1|alt=|suppressplaceholder=yes}}
個人情報
フルネーム おかもと よりこ
国籍 日本の旗 日本
生誕 (1971-09-06) 1971年9月6日(49歳)
大阪府門真市
身長 テンプレート:Convinfobox/3{{#invoke:String|replace|{{#invoke:String|replace|{{#invoke:String|replace|{{#invoke:String|replace|{{#invoke:String|replace|{{#invoke:String|replace|{{#invoke:String|replace|{{#invoke:String|replace|{{#invoke:String|replace|170㎝|metre|m}}|meter|m}}|centi|c}}|feet|ft}}|foot|ft}}|inches|in}}|inch|in}}|ms|m}}|ins|in}}
体重 テンプレート:Convinfobox/3テンプレート:Infobox person/weight
スポーツ
日本の旗 日本
競技 テコンドー
引退 2009年
テンプレート:Infobox medal templates2

岡本 依子(おかもと よりこ、1971年9月6日 - )は、テコンドー日本代表選手。大阪府門真市出身[1]四天王寺高等学校卒業、早稲田大学人間科学部スポーツ科学科卒業。世界テコンドー連盟公認四段。現在は、テコンドーの普及活動を行っている。

来歴

四天王寺中学校・高等学校特別英数コース出身。

中学1年3学期から、尚弘館で空手を習う。

高校1年の1学期から、3年の1学期まで、正道会館に通う。

早稲田大学人間科学部スポーツ科学科に受験で進学。

大学3年時に交換留学生としてオレゴン大学へ留学し、テコンドーを始めた。

2000年シドニーオリンピックテコンドー女子67kg級で銅メダルを獲得[2]

2002年、7月に東京で行われたワールドカップでは67kg級で銀メダルを獲得した[3]

2003年12月のアテネオリンピック世界予選には出場できず、2004年1月の国内予選では10kg以上減量して57kg級に出場し優勝、2月のオリンピックアジア予選では67kg超級で2位となり五輪出場枠を獲得した[3]。しかし日本オリンピック委員会全日本テコンドー協会日本テコンドー連合に分裂している国内競技団体が統一されない限り出場を認めない方針を示した[3]。国内世論の後押し(10万人近い署名)もあって日本オリンピック委員会の救済措置で個人資格を適用して出場[2]。1回戦敗退、7位。

2006年、韓国でクリスチャンになる。(プロテスタント)

2008年北京オリンピックにも日本唯一のテコンドー選手として出場[4]、1回戦で敗退した[5]。オリンピック参加選手の中では男女を通して最年長選手だった。

2009年2月8日、現役引退を表明。

2010年3月17日、コロムビアミュージックエンタテインメントからエクササイズDVD「テコンドー韓流エクササイズ-岡本依子のネリチャギビューティー」を発売。

2012年3月20日、JTJ宣教神学校牧師志願科卒業。

2010年3月29日に設立されたアスリートネットワークの理事に就任[6]

2011年9月6日、大阪天満のスポーツドリームファクトリーにて、ドリームテコンドースクールを開講し、翌年は通信スクールも開いた。

2015年5月25日、全日本テコンドー協会理事会で理事に選任され[7]、6月10日の理事会では強化委員会入りして選手強化に携わることも決定した[8]

戦績

  • 1993年 テコンドー全日本初出場・初優勝(以来、国内で、負けなし)
  • プロキックボクシングの試合出場 ルシアライカ選手にTKO負け。
  • 1994年 アジア選手権銀メダル(フィリピン)
  • 1996年 アジア選手権銀メダル(オーストラリア)
  • 1998年 アジア選手権銅メダル(ベトナム)
  • 1998年 アジア大会銅メダル(バンコク)
  • 1999年 シドニー五輪予選アジア2位通過
  • 2000年 シドニー五輪銅メダル
  • 2001年 東アジア大会(大阪)銀メダル
  • 2002年 ワールドカップ(東京)銀メダル
  • 2003年 アテネ五輪アジア2位通過
  • 2004年 アテネ五輪出場7位
  • 2005年 アジア選手権銅メダル(ベトナム)
  • 2007年 世界選手権ベスト8・コリアオープン金メダル・北京五輪アジア3位通過
  • 2008年 北京オリンピック出場

脚注

外部リンク