actions

ワロン語

ファイル:Wallonie-linguistique-fr.svg
フランス語共同体におけるワロン語使用地域と方言区分

ワロン語 (ワロンご、ワロン語: Walon、: Walloon language) は、ベルギーワロン地方および北部フランスの一部で話される、ラテン語から派生したロマンス語の一つで、オイル語系の言語である。

ワロン語を話す人口はおよそ60万人と言われている。

使用地域

ワロン地域リエージュ州ナミュール州ブラバン・ワロン州リュクサンブール州エノー州で主に話される。フランス国境に近いエノー州、ナミュール州、リュクサンブール州では、フランス語諸方言の話者も多い。ただし、ベルギーの公用語オランダ語フランス語ドイツ語であり、ワロン語は公用語ではない。

ベルギー国外では、フランスのベルギー国境近くと、19世紀に多くのワロン人が移民したアメリカ合衆国ウィスコンシン州北東部(ブラウンケワニードアの3郡[1])でも話されている。

フランス語との関係

フランス国内のフランス語の諸方言がパリ方言の影響を強く受けているのに対し、ワロン語は古い特徴を保っている。

ベルギーではフランス語が広く話されており、フランス語とワロン語は区別される。現在のベルギーのワロン地域や首都ブリュッセルでは、標準フランス語が話され理解される。ただし、口語にはいくらかのワロン特有の言い回しや訛りが見られる。

脚注

  1. Belgian-American Research Collection. University of Wisconsin Digital Collections. University of Wisconsin.

関連項目

外部リンク

テンプレート:フランス語

テンプレート:Western-europe-stub