actions

マイケル・アティヤ

マイケル・アティヤ(Michael F. Atiyah、1929年4月22日 - )は、アティヤ=シンガーの指数定理ゲージ理論の研究などで知られるイギリス数学者。現代最高の数学者の一人とみなされている。父はアラブ研究で知られる歴史家のエドワード・アティヤEnglish版、弟は弁護士パトリック・アティヤEnglish版

その発想は素直で自然であり、数学の諸分野、また理論物理学までをも結びつけるスケールの大きさが印象的である。業績が多分野に関係するせいか、数学者には珍しく共著の論文が多い。

サイモン・ドナルドソンナイジェル・ヒッチンピーター・クロンハイマーフランシス・カーワンルース・ローレンスなど優れた弟子を育て、また、エドワード・ウィッテンを見出したことでも知られる。

1983年に英国王室よりナイトの称号を得る。1990年から1995年まで王立協会会長を務めた。

著書

  • Intoduction to Commutative Algebra (I.G.MacDonaldとの共著) ISBN 0201407515
  • 訳書:『可換代数入門』、新妻弘 訳 、共立出版、ISBN 4320017919

受賞歴


先代:
ジョージ・ポーター
王立協会会長
1990 - 1995年
次代:
アーロン・クルーグ