actions

ジョン・メイベリー・ジュニア

ジョン・クレイボーン・メイベリー・ジュニアJohn Claiborn Mayberry, Jr, 1983年12月21日 - )は、アメリカ合衆国ミズーリ州カンザスシティ出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。現在はMLBデトロイト・タイガース傘下に所属している。

同名の父ジョン・メイベリーは1970年代にカンザスシティ・ロイヤルズの正一塁手として活躍した元メジャーリーガー。

経歴

プロ入り前

子供の頃から父が専属コーチで[1]、憧れていた選手はケン・グリフィー・ジュニアフランク・トーマスだった[2]。全米でも有数のスポーツ強豪校であるミズーリ州カンザスシティロックハースト高校では野球以外にバスケットボールでも活躍。USAトゥデイ選定のオールアメリカンにも選ばれ、2002年MLBドラフトシアトル・マリナーズから1巡目(全体28位)指名されるが、契約せずにスタンフォード大学へ進学した[3]。スタンフォード大学では同学年にジェド・ラウリーがいた。

レンジャーズ傘下時代

2005年MLBドラフトテキサス・レンジャーズから1巡目(全体19位)指名され、入団。大学3年間の通算成績は打率.312・28本塁打・148打点[4]。成績ではボストン・レッドソックスから1巡目補完(全体41位)で指名されたラウリーの方が上であったが、素材面が評価されたメイベリーがドラフト指名順位では上になった[5]

プロ1年目の2005年はA-級スポケーン・インディアンス、翌2006年はA級クリントン・ランバーキングスでプレー。2007年はA+級ベーカーズフィールド・ブレイズとAA級フリスコ・ラフライダーズで打率.235ながら30本塁打を放ち、オフには「ベースボール・アメリカ」誌の有望株ランキングで球団内5位にランクインした[6]

フィリーズ時代

2008年11月20日グレッグ・ゴルソンとのトレードフィラデルフィア・フィリーズへ移籍した[7]

2009年5月23日ニューヨーク・ヤンキース戦でメジャーデビューすると、いきなりアンディ・ペティットからメジャー初本塁打となる3ランを放った[8]。この年は最終的に39試合の出場で打率.211、4本塁打という成績だった。

2010年3月28日にAAA級リーハイバレー・アイアンピッグスへ配属され、開幕を迎えた。8月3日ライアン・ハワード故障者リスト入りしたため、メジャーへ昇格[9]。昇格後は代打として2試合に出場したが、2打数無安打に終わり、8月8日にAAA級リーハイバレーへ降格。9月7日に再昇格した。この年は11試合に出場し、打率.333・2本塁打・6打点だった。

2011年は開幕ロースター入りを果たし、開幕後は45試合に出場したが、打率は.231と結果を残せず、6月3日にAAA級リーハイバレーへ降格[10]7月5日に再昇格した[11]。この年は104試合に出場し、打率.273・15本塁打・49打点・8盗塁だった。

2012年は開幕から左翼手であるフアン・ピエールのバックアップとして主に起用されていたが、7月31日に正中堅手のシェーン・ビクトリーノロサンゼルス・ドジャースへ移籍したため、8月から中堅手の定位置を獲得。この年は149試合に出場し、打率.245・14本塁打・46打点・1盗塁だった。

2013年は中堅手のベン・リビアと右翼手のデルモン・ヤングが加入。有望株のドモニク・ブラウンが左翼手として起用されたため、主にバックアップとしての起用に戻った。この年は134試合に出場し、打率.227・11本塁打・39打点・5盗塁だった。

2014年1月17日にフィリーズと158万7000ドルの1年契約に合意[12]。開幕後は定位置を獲得することができないまま、7月22日に左手首の故障で15日間の故障者リスト入りした[13]。フィリーズでは63試合に出場し、打率.213・6本塁打・21打点だった。

ブルージェイズ時代

2014年8月31日グスタボ・ピエールとのトレードでトロント・ブルージェイズへ移籍[14]。移籍後の9月2日に故障者リストから外れたが、僅か15試合の出場で打率.208に終わった。シーズン計では4年ぶりに出場試合数が100未満となり、本塁打も4年ぶりに二桁未到達に終わるなど不本意なシーズンだった。オフの12月2日にノンテンダーFAとなった[15]

メッツ時代

2014年12月15日ニューヨーク・メッツと145万ドル+出来高の1年契約を結んだ[16][17]

2015年7月24日DFAとなった[18]。7月30日に自由契約となった[19]

メッツ退団後

8月7日にシカゴ・ホワイトソックスとマイナー契約を結び、傘下のAAA級シャーロット・ナイツに所属するが、13試合の出場で打率.162を喫し、26日に自由契約となる。

2016年1月11日、デトロイト・タイガースとマイナー契約を結び、同年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[20]

プレースタイル

身長6フィート6インチ(約198.1cm)という恵まれた体格を持ち、パワー、走力、強肩を兼ね備えた抜群の身体能力を持つ[6]。しかし、打撃は三振が多く確実性に欠ける。そのため、メジャー昇格当初は層の厚いフィリーズ外野陣に定着することが出来ず、AAA級との往復が続いていた。

大学時代までは一塁手であったが、プロ入り後は外野手に転向。特に右翼手としての出場が多い[21]

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
2009 PHI 39 60 57 8 12 3 0 4 27 8 0 0 0 0 2 0 1 23 2 .211 .250 .474 .724
2010 11 13 12 4 4 0 0 2 10 6 0 1 0 0 1 0 0 4 0 .333 .385 .833 1.218
2011 104 296 267 37 73 17 1 15 137 49 8 3 0 1 26 2 2 55 6 .273 .341 .513 .854
2012 149 479 441 53 108 24 0 14 174 46 1 0 0 2 34 2 2 111 17 .245 .301 .395 .695
2013 134 384 353 47 80 23 1 11 138 39 5 3 0 1 27 1 3 90 6 .227 .286 .391 .677
2014 63 138 122 11 26 7 0 6 51 21 0 0 0 0 15 0 1 30 1 .213 .304 .418 .722
TOR 15 30 24 4 5 3 0 1 11 2 0 0 0 1 5 0 0 5 1 .208 .333 .458 .792
'14計 78 168 146 15 31 10 0 7 62 23 0 0 0 1 20 0 1 35 2 .212 .310 .425 .734
通算:6年 515 1400 1276 164 308 77 2 53 548 171 14 7 0 5 110 5 9 318 33 .241 .305 .429 .734
  • 2014年度シーズン終了時

背番号

  • 40 (2009年 - 2010年)
  • 15 (2011年 - 2014年途中)
  • 9 (2014年途中 - 同年終了)
  • 44 (2015年)

脚注

  1. Kwietkauski, Janelle(2004-05-02). John Mayberry, Jr. It Runs In The Family. Stanford University's Official Athletic Site(英語). 2011年6月21日閲覧
  2. Murray, Chris(2011-05-05). John Mayberry Jr. Seeks his Big Chance. The Chris Murray Report(英語). 2011年6月21日閲覧
  3. Stanford University's Official Athletic Site - Baseball. 2011年6月21日閲覧
  4. John Mayberry, Jr., Jed Lowrie And Mark Romanczuk Taken On First Day Of 2005 MLB Draft. Stanford University's Official Athletic Site(英語). 2011年6月21日閲覧
  5. Kevin Czerwinski (2005年5月9日). “Draft stars can be found on the corners” (英語). MLB.com. . 2016閲覧.
  6. 6.0 6.1 Aaron Fitt (2006年12月21日). “Texas Rangers: Top 10 Prospects” (英語). Baseball America Inc.. . 2016閲覧.
  7. Ken Mandel (2008年11月20日). “Phillies deal Golson to Rangers” (英語). MLB.com. . 2016閲覧.
  8. Todd Zolecki (2009年5月23日). “Mayberry homers in big league debut” (英語). MLB.com. . 2016閲覧.
  9. “Howard placed on disabled list” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Philadelphia Phillies), (2010年8月3日), http://philadelphia.phillies.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20100803&content_id=12968626&vkey=pr_phi&fext=.jsp&c_id=phi . 2014閲覧. 
  10. “Phillies activate Victorino” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Philadelphia Phillies), (2011年6月3日), http://philadelphia.phillies.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20110603&content_id=19967960&vkey=pr_phi&fext=.jsp&c_id=phi . 2014閲覧. 
  11. “Phillies recall Mayberry” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Philadelphia Phillies), (2011年7月5日), http://philadelphia.phillies.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20110705&content_id=21432778&vkey=pr_phi&fext=.jsp&c_id=phi . 2014閲覧. 
  12. Paul Casella (2014年1月18日). “Kendrick, Mayberry agree to one-year deals” (英語). MLB.com. . 2014閲覧.
  13. Todd Zolecki, Erik Bacharach (2014年7月22日). “Ruf returns to Phillies as Mayberry goes on DL” (英語). MLB.com. . 2014閲覧.
  14. “Blue Jays acquire OF John Mayberry Jr.” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Toronto Blue Jays), (2014年9月1日), http://m.bluejays.mlb.com/news/article/92484004/blue-jays-acquire-of-john-mayberry-jr . 2014閲覧. 
  15. “Blue Jays transactions” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Toronto Blue Jays), (2014年12月2日), http://m.bluejays.mlb.com/news/article/103029144/blue-jays-transactions . 2014閲覧. 
  16. “Mets sign John Mayberry Jr.” (英語) (プレスリリース), MLB.com (New York Mets), (2014年12月16日), http://m.mets.mlb.com/news/article/104133938/mets-sign-john-mayberry-jr . 2014閲覧. 
  17. Adam Rubin (2014年12月15日). “Mets make Mayberry signing official” (英語). ESPN New York. . 2014閲覧.
  18. McShane, Chris (2015年7月24日). “Mets designate John Mayberry Jr. for assignment” (英語). Amazin' Avenue. . 2015閲覧.
  19. Kate Feldman (2015年7月30日). “John Mayberry Jr. officially released” (英語). SB NATION. http://www.amazinavenue.com/2015/7/30/9076645/new-york-mets-john-mayberry-jr-released . 2015閲覧. 
  20. Jason Beck (2016年1月14日). “Tigers sign Mayberry to Minors deal” (英語). MLB.com. . 2016閲覧.
  21. John Mayberry Minor League Statistics & History. Baseball-Reference.com(英語). 2011年6月21日閲覧

関連項目

外部リンク