actions

シルヴェストレ・ヴァレラ

テンプレート:ポルトガル語圏の姓名 {{#invoke:Infobox3cols|infobox}} シルヴェストレ・マヌエル・ゴンサルヴェス・ヴァレラSilvestre Manuel Gonçalves Varela, 1985年2月2日 - )は、ポルトガルセトゥーバル県アルマダ出身のサッカー選手カイセリスポル所属。ポジションはFW (WG) 。

経歴

スポルティング

2002年からスポルティングCPのユースチームに所属し、2005年にトップチーム昇格。プロ生活を開始してから早い時期にカサ・ピアACportuguês版ヴィトーリアFCへレンタル移籍した。U-21ポルトガル代表の主力選手として様々な大会でプレーするも、スポルティングでは2005-06シーズンに2試合途中出場しただけと、ファーストチームで居場所を見つけることが出来なかった。

2007-08シーズンのヴァレラは、スポルティングの同僚ベトカルロス・マルティンスと共にスペインレクレアティーボ・ウェルバでプレーした(ヴァレラは3度目のレンタル移籍)。リーガ・エスパニョーラでは、十分なプレー時間を与えられたにもかかわらず失望のシーズンに終わり、2008年7月にスポルティングへ復帰するも直後にCFエストレラ・アマドーラへ売却された。

ポルト

2008-09シーズン終了直前の2009年3月、エストレラで良いプレーを見せるもチームが降格したことにより、ヴァレラは自由移籍でFCポルトと4年契約(2009年7月からスタート)を結んだ[1]

ポルトでの最初のシーズンは、コロンビア代表ストライカーのラダメル・ファルカオに次ぐチーム2位の得点を挙げ好調だったものの、2010年3月の練習中に腓骨を負傷したことによりシーズンを終了[2]。チームも3位に終わった。

2010-11シーズンは、アンドレ・ビラス・ボアス監督の下でファルカオとフッキと共に3トップを形成し、カップ, UEFAヨーロッパリーグ 2010-11, そしてリーグ戦では1部でキャリアトップとなる10ゴールを決め、無敗優勝の偉業達成とトレブルに大きく貢献した。

しかし、2011-12シーズンにビトール・ペレイラが新監督に就任すると、ヴァレラは2人のポルトガル代表選手のベト, ルベン・ミカエルのようにファーストチームでは重要視されなくなり、ハメス・ロドリゲスにポジションを奪われていった。2012年2月16日、UEFAヨーロッパリーグ 2011-12ラウンド32第1戦マンチェスター・シティFCをホームに迎えた試合で珍しくスタメン出場すると、先制ゴールを決めたが1-2で逆転負けした[3]

2014年8月24日、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCにレンタル移籍したが[4]、出場機会に恵まれず、2015年1月20日にパルマFCへレンタル移籍した[5]

代表歴

ファイル:Silvestre Varela - Croatia vs. Portugal, 10th June 2013.jpg
ポルトガル代表でプレーするヴァレラ

2010年3月3日、コインブラで行われた中国との親善試合で後半から出場。2-0でA代表デビュー戦を勝利で飾った。2011年3月26日のレイリアで1-1で引き分けたチリとの親善試合で代表初得点を記録[6]

パウロ・ベント監督の下でUEFA EURO 2012に臨む23名にも選出された。初戦のドイツ戦で1点のビハインドを追う中、残り10分のところでラウール・メイレレスに代わりピッチに入るも、そのまま追いつけず0-1で敗北した[7]。グループリーグ第2戦のデンマーク戦では同点とされた直後に再びメイレレスに代わり後半39分から途中出場すると、その3分後に最初のボールタッチから決勝ゴールを挙げポルトガルの大会初勝利に貢献し、グループリーグ突破に望みを繋げた[8][9]

2014 FIFAワールドカップグループリーグ第2戦のアメリカ戦では、後半途中から出場し、ロスタイムに同点ゴールを挙げポルトガルを敗退の危機から救った。

所属クラブ

ポルトガルの旗 カサ・ピアACportuguês版2004-2005 (loan)
ポルトガルの旗 ヴィトーリアFC 2006-2007 (loan)
スペインの旗 レクレアティーボ・ウェルバ 2007-2008 (loan)
イングランドの旗 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC 2014-2015 (loan)
イタリアの旗 パルマFC 2015 (loan)

タイトル

クラブ

FCポルト

出典

外部リンク