actions

クリスチャン8世 (デンマーク王)


クリスチャン8世(Christian VIII, 1786年9月18日 - 1848年1月20日)は、デンマーク王(在位:1839年 - 1848年)。一時ノルウェー王位にも就いた(クリスチャン・フレデリク、在位:1814年)。フレデリク5世と2度目の王妃ユリアーネ・マリーの子でクリスチャン7世の異母弟フレデリク王子の子。クリスチャン8世はそれまでのノルウェー王を兼ねたデンマーク王とは異なり、ノルウェー王在位とデンマーク王在位の期間が異なる。

ナポレオン戦争期、クリスチャン・フレデリクは従兄であるデンマーク王フレデリク6世によってノルウェー総督としてクリスチャニア(現オスロ)に派遣されていた。キール条約によってデンマークがノルウェーをスウェーデンに割譲することになると、フレデリク6世はクリスチャン・フレデリクに帰国を命じたが、クリスチャン・フレデリクは従わず、ノルウェーの政治指導者によって国王に推戴され、同時に憲法が制定されて独立が宣言された。

しかし列強はこれを承認せず、ノルウェーはスウェーデン王太子カール・ヨハン(ジャン=バティスト・ベルナドット、のちのカール14世)の率いるスウェーデン軍に屈した。交渉の結果、ノルウェーはスウェーデンとの同君連合下に入り、その上で自治が認められることになった(スウェーデン=ノルウェー)。クリスチャン・フレデリクは退位し、デンマークへ帰国した。

1839年、男子のいないフレデリク6世が死去すると、デンマーク王位を継承した。

クリスチャン・フレデリクは1806年にメクレンブルク=シュヴェリーン公フリードリヒ・フランツ1世の公女で母方の従妹にあたるシャルロッテ・フリーデリケと結婚した。2人の間にはクリスチャン・フレデリク(夭逝)とフレデリク・カール(のちのフレデリク7世)が生まれたが、1810年に離婚した。次いで1815年にアウグステンブルク公フレゼリク・クリスチャン2世の娘カロリーネ・アマーリエと結婚したが、子は生まれなかった。

1848年に死去し、ロスキレ大聖堂に葬られた。

脚注

参考文献

先代:
フレゼリク6世
ノルウェー王
1814年
次代:
カール2世
先代:
フレゼリク6世
デンマーク王
1839年 - 1848年
次代:
フレゼリク7世

テンプレート:デンマーク王 テンプレート:ノルウェー王