actions

エリソン・オニヅカ

テンプレート:Infobox Astronaut

エリソン・ショージ・オニヅカEllison Shoji Onizuka, 日本名:鬼塚 承次, 1946年6月24日 - 1986年1月28日)は、アメリカ空軍大佐で、日系人初のアメリカ航空宇宙局宇宙飛行士である。

アメリカ宇宙計画初のアジア系宇宙飛行士で、アジア系宇宙飛行士としてはソ連ソユーズで飛行したベトナムファム・トゥアンモンゴルジェクテルデミット・グラグチャインドラケッシュ・シャルマに次ぎ4人目である。

生涯・人物

1946年6月24日アメリカ合衆国ハワイ州ハワイ島コナで、コーヒー農家を営む父の鬼塚正光と母の光江の間に4人姉弟3番目の長男として生まれる。父は福岡県、母は広島県ルーツを持つ日系2世[1][2]である。

第二次世界大戦で戦った日系人部隊の話を幼少期より聞き覚え、生涯を通じて意識する。小学生から高校生までボーイスカウトで野球部や新聞部員として活動し、最高位のイーグルを授かる。小学生時代、ユーリ・ガガーリン宇宙飛行を見て宇宙に憧れ、ロケット実験と称する花火悪戯を、母親は驚くも叱咤しなかった。

1964年、ハワイ島で地元のコナワエナ高校を卒業後すぐコロラド大学へ入学して航空宇宙工学を専攻し、奨学金を得てアメリカ空軍予備役将校訓練課程を受ける。在学中の1968年2月20日、父の死去に母親を心配して大学を辞めハワイへ戻る決心をするも、勉学の継続を母親が促す。

1969年、大学卒業時に空軍少尉を授かる。卒業翌日、大学時からの日系人の恋人と結婚して、後に2人の娘を儲ける。空軍エンジニアを務めながら、アポロ11号月面着陸のテレビ中継に影響されて宇宙飛行士を目指す。

1978年スペースシャトル計画第一期飛行士候補へ応募し、8079人の志願者から同期35人と共に選出される。スペースシャトルチャレンジャー号乗組員として選抜されるが、度々打ち上げ延期になる。

1983年6月13日、自身のルーツを探したい旨の記事が西日本新聞に掲載されると200件超の情報が寄せられ、祖父母の墓を見出して血縁親族の所在も判明する。6月24日、家族と共に父方故郷の福岡県浮羽郡浮羽町(現・うきは市)に墓参して東京も訪れる。

1985年1月24日STS-51-Cミッションでディスカバリー搭乗運用技術者として搭乗する。同乗のローレン・ジェームズ・シュライバーEnglish版アメリカ空軍大佐曰く、箸で日本料理を食べ、日の丸の鉢巻や旗、ハワイのマカダミアナッツコナ・コーヒーを持ち込み、ハワイアン音楽をかけていたという。

1986年1月28日STS-51-Lミッションでチャレンジャーの搭乗運用技術者として搭乗し、チャレンジャー号爆発事故により39歳で殉職する。

本人を称え、ハワイ島マウナ・ケア山の「マウナケア展望台ビジターインフォメーションステーション」が「オニヅカセンター」と名付けられ、コナ国際空港にある「オニヅカ・スペースセンター」に宇宙服などが展示されていて、またカリフォルニア州にオニヅカ空軍駐屯地English版が所在する。

その他

脚注

  1. 毛利恒之 『夢にむかって飛べ ― 宇宙飛行士エリソン=オニヅカ物語』 講談社、1978年。ISBN 978-4062045377。アクセス日 2013-05-01
  2. 吉村直洋. “452 アメリカと筑後史”. いまどき語りたい話100. p. 452. . 2013閲覧.
  3. Name Change for Kona International Airport - Big Island Now, January 13, 2017
  4. チャレンジャー爆発 オニヅカ飛行士のボール宇宙へ 奇跡的に回収”. 毎日新聞 (2017年2月9日). . 2017閲覧.

関連項目