actions

アントアン・リチャードソン

アントアン・エドワード・リチャードソンAntoan Edward Richardson, 1983年10月8日 - )は、バハマナッソー出身のプロ野球選手外野手)。右投両打。2016年現在は独立リーグ・アトランティックリーグサザンメリーランド・ブルークラブスに所属している。

21世紀で唯一のバハマ出身のメジャーリーガーである[1]

経歴

プロ入り前

2001年MLBドラフトボルチモア・オリオールズから27巡目(全体803位)指名されるも拒否。

2002年MLBドラフトで前年と同じオリオールズから27巡目(全体796位)指名されるも拒否。

2004年MLBドラフトアリゾナ・ダイヤモンドバックスから13巡目(全体375位)指名されるも拒否。

プロ入りとジャイアンツ傘下時代

2005年MLBドラフトサンフランシスコ・ジャイアンツから35巡目(全体1062位)指名され、6月16日に契約。この年は傘下のルーキー級アリゾナリーグ・ジャイアンツで53試合に出場し、打率.321・1本塁打・10打点・40盗塁と結果を残し、アリゾナリーグのオールスターに選出された。

2006年はA級オーガスタ・グリーンジャケッツで124試合に出場し、打率.292・2本塁打・28打点・66盗塁だった。

2007年はA+級サンノゼ・ジャイアンツで107試合に出場し、打率.279・2本塁打・29打点・43盗塁だった。

2008年はAA級コネチカット・ディフェンダーズで123試合に出場し、打率.241・5本塁打・31打点・33盗塁だった。

2009年はAA級コネチカットで50試合に出場し、打率.207・6打点・6盗塁だった。7月24日にジャイアンツから解雇された。

独立リーグ時代

2009年シーズン途中に、独立リーグ・ノーザンリーグシャンバーグ・フライヤーズに入団。27試合に出場し、打率.287・6打点・20盗塁だった。

2010年1月12日アトランタ・ブレーブスとマイナー契約を結んだが、4月3日に解雇された。その後ノーザンリーグのシャンバーグに復帰し、4試合に出場。

ブレーブス時代

2010年5月26日にブレーブスと再びマイナー契約を結んだ[2]。この年は傘下のAA級ミシシッピ・ブレーブスで74試合に出場し、打率.279・20打点・24盗塁だった。8月にAAA級グウィネット・ブレーブスへ昇格。AAA級グウィネットでは7試合に出場した。

2011年はAA級ミシシッピで91試合に出場し、打率.283・21打点・17盗塁だった。9月4日にメジャー初昇格を果たし、同日のロサンゼルス・ドジャース戦でメジャーデビュー。5回裏に代打として出場し、クレイトン・カーショウからメジャー初安打を放った[3]。この年は9試合に出場し、打率.500だった。11月2日FAとなった。

オリオールズ傘下時代

2011年12月16日にオリオールズとマイナー契約を結んだ。

2012年シーズンはAA級ボウイ・ベイソックスとAAA級ノーフォーク・タイズでプレー。AA級ボウイでは90試合に出場し、打率.279・1本塁打・15打点・26盗塁だった。オフの9月16日に、第3回WBC予選のイギリス代表に選出された事が発表され[4]代表入りした[5]11月3日にFAとなった。

ツインズ傘下時代

2013年2月1日ミネソタ・ツインズとマイナー契約を結んだ。AA級ニューブリテン・ロックキャッツで33試合に出場し、打率.336・14打点・14盗塁だった。5月にAAA級ロチェスター・レッドウイングスへ昇格。AAA級ロチェスターでは82試合に出場し、打率.265・29打点・25盗塁だった。11月5日にFAとなった。

ヤンキース時代

2013年11月11日ニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約を結び、2014年1月29日に球団が発表した[6]。AAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースで93試合に出場し、打率.271・3本塁打・22打点・26盗塁だった。9月2日にヤンキースとメジャー契約を結び[7]、13試合に出場。打率.313・1打点・5盗塁だった。オフの11月3日に40人枠を外れ、AAA級スクラントン・ウィルクスバリへ降格し、11月6日にFAとなった。

ヤンキース退団後

2014年12月11日テキサス・レンジャーズとマイナー契約を結んだ[8]

2015年3月11日にメジャー契約となった[9]が、3月27日椎間板ヘルニアの手術を受け[10]4月2日に60日間の故障者リスト入りした。10月21日に40人枠から外れAAA級ラウンドロック・エクスプレスに降格した[11]。オフに自由契約となり、12月14日にピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約を結ぶ。

2016年4月25日に解雇となる。5月29日にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結び、6月22日に解雇となる。7月8日に独立リーグ・アトランティックリーグサザンメリーランド・ブルークラブスと契約。

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
2011 ATL 9 4 4 2 2 0 0 0 2 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .500 .500 .500 1.000
2014 NYY 13 17 16 2 5 0 0 0 5 1 5 0 0 0 1 0 0 3 0 .313 .353 .313 .665
MLB:2年 22 21 20 4 7 0 0 0 7 1 6 0 0 0 1 0 0 3 0 .350 .381 .350 .731
  • 2017年度シーズン終了時

年度別守備成績



中堅(CF) 右翼(RF)
























2014 NYY 1 0 0 0 0 .--- 5 8 0 0 0 1.000
通算 1 0 0 0 0 .--- 5 8 0 0 0 1.000
  • 2017年度シーズン終了時

背番号

  • 4 (2011年)
  • 63 (2014年)

代表歴

脚注

  1. Players born in Bahamas Baseball Reference (英語)
  2. http://www.tribune242.com/06012010_Richardson_sport/
  3. http://atlanta.braves.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20110904&content_id=24201966&notebook_id=24201972&vkey=notebook_atl&c_id=atl
  4. GREAT BRITAIN ANNOUNCES ROSTER FOR WORLD BASEBALL CLASSIC QUALIFIER British Baseball Fedetration (2012年9月6日) 2015年10月11日閲覧
  5. 2012 Qualifier Roster WBC.com (英語) 2015年10月11日閲覧
  6. Yankees 2014 Spring Training invitees”. MLB.com Yankees Press Release (2014年1月29日). . January 30, 2014閲覧.
  7. Yankees make flurry of moves, recall four”. MLB.com (2014年9月3日). . December 13, 2014閲覧.
  8. Mark Polishuk (2014年12月11日). “Minor Moves: Villarreal, Noonan, Rangers”. MLB Trade Rumors. . 2014閲覧.
  9. Elliot Smith (2015年3月11日). “Rangers place Perez on 60-day DL, add Richardson”. CBS Sports FANTASY (CBSSports.com). http://www.cbssports.com/fantasy/baseball/news/rangers-place-perez-on-60-day-dl-add-richardson/ . 2015閲覧. 
  10. T.R. Sullivan (2015年3月25日). “Rangers awaiting the results of Tolleson's MRI”. MLB.com. http://m.rangers.mlb.com/news/article/114863306/rangers-awaiting-the-results-of-shawn-tollesons-mri . 2015閲覧. 
  11. Stefan Steveson (2015年10月21日). “Bonilla claimed by Dodgers; four other Rangers sent to Round Rock”. Star-Telegram. http://www.star-telegram.com/sports/mlb/texas-rangers/article40777338.html . 2015閲覧. 

関連項目

外部リンク

テンプレート:2013 ワールド・ベースボール・クラシックイギリス代表