actions

アレン・ボクシッチ

{{#invoke:Infobox3cols|infobox}}

アレン・ボクシッチAlen Bokšić1970年1月21日 - )は、クロアチアマカルスカ出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはFW

略歴

1987年ハイドゥク・スプリトでデビュー。1991年にはユーゴカップを獲得する活躍を見せ、その後のクロアチア独立に伴う国内の混乱から逃れるべくフランスへ渡る。まずカンヌに1シーズン在籍するが負傷でほとんどプレーできなかった。しかし1992-1993シーズンにマルセイユへ移籍。23得点を挙げる活躍をみせてリーグ得点王に輝くとともにUEFAチャンピオンズリーグを制する原動力となった。また1993年5月25日ウクライナ戦で代表デビューを果たし、ズボニミール・ボバンとともにクロアチア代表を牽引し、内戦で疲弊した国民に希望をもたらした。

その活躍が認められ、翌シーズン途中にセリエAラツィオへ移籍。さらに1996-1997シーズンにはユヴェントスへ移籍して優勝を果たした。ラツィオに戻った1997-1998シーズンは、自身のイタリアでのベストとも言えるシーズンを過ごし、リーグ戦で26試合に出場し10ゴールを記録、コッパ・イタリアでの優勝も果たした。1998年フランスW杯でクロアチアは初出場を果たすも自身は故障で出場できず、2000-2001シーズンにミドルズブラへ移籍。2002年日韓W杯にはクロアチア代表に選出され、グループリーグ全3試合に出場。クラブでも存在感を発揮するも、負傷との縁は切れず2003年に選手生活を引退した。。。

獲得タイトル

クラブ

個人